Well-Architected Frameworkの柱「パフォーマンス効率」を読み解いてみた

ご機嫌いかがでしょうか、豊崎です。

最近Well-Architectedにご縁があり、連続して記事を書いています。今回はWell-Architectedのパフォーマンス効率の柱についてご紹介をしたいと思います。

何度か書いていますが、Well-Architectedとは何か?どういうシステムに使ってもらいたいか?については以下をご覧いただければと思います。

無料のAWS Well-Architected Toolでクラウド最適化への一歩を踏み出そう

さて、改めての記載となるのですが、Well-Architected Framework には5つの観点があります。

  • 運用の優秀性
  • セキュリティ
  • 信頼性
  • パフォーマンス効率
  • コスト最適化

5 つの柱などと表現されたりします。

それぞれの柱に対話形式の質問が用意されています。

ここでは実際にどのような質問があるのか、またそれに対してどのような観点を持ってアプローチを行うことが望ましいかを確認していきたいと思います。

そのために各柱の設計原則、定義、ベストプラクティス、キーとなるAWSサービスについて確認していきたいと思います。内容がたっぷりあるので、柱ごとに確認をしていきます。

今回はパフォーマンス効率の柱 について確認していきたいと思います。

パフォーマンス効率の柱

パフォーマンス効率の柱について

パフォーマンス効率の柱にはコンピューティングリソースを効率的に利用してシステムの要件を満たし、需要の変化やテクノロジーの進化に応じてその効率を維持する機能が含まれています。

設計原則(Design Principles)

先進的なテクノロジーをサービスとして利用

先進的なテクノロジーをAWSのサービスとして利用することでチームはプロビジョニングや管理を気にすることなく製品開発に集中することができます。

数分でグローバル化

わずか数回のクリックで世界中の地域にシステムを展開することができます。最小限のコストで遅延なく素晴らしい体験をユーザに提供することが可能

サーバレスアーキテクチャの利用

サーバレスアーキテクチャの採用により従来のサーバの実行および保守が必要なくなります。サーバレス側のコード管理、保守は必要ですがサーバに対する保守、運用の負荷が軽減されます。

頻繁な実験の実施

様々なインスタンスやストレージ、設定を利用して比較テストをすぐに行うことができます。

特性を理解したサービスの選択

サービスの特性を理解し、実施したいことに対して最もマッチするサービスを利用しましょう。

定義(Definition)

パフォーマンス効率の柱には以下の4つのベストプラクティス分野があります。これらは以下にあるBest Practicesの項目にある質問およびKey AWS Services とマッピングされた形で確認されます。

  • 選択
  • レビュー
  • モニタリング
  • トレードオフ

ベストプラクティス(Best Practices)

ベストプラクティスを確認するために以下のような質問が用意されています。

  • 選択
    • PERF 1:最高のパフォーマンスを発揮するアーキテクチャをどのように選択していますか?
    • PERF 2:コンピューティングリソースをどのように選択していますか?
    • PERF 3:ストレージをどのように選択していますか?
    • PERF 4:データベースをどのように選択していますか?
    • PERF 5:ネットワークをどのように構成しますか?
  • レビュー
    • PERF 6:新しい機能をどのようにシステムに取り入れていますか?
  • モニタリング
    • PERF 7:リソースが期待通りに機能していることを確認するためにどのような監視を行なっていますか?
  • トレードオフ
    • PERF 8: パフォーマンスを改善するためにトレードオフをどのように利用していますか?

Key AWS Service

パフォーマンス効率に不可欠なサービスはAmazon CloudWatchです。リソースとシステムを監視し、全体的なパフォーマンスと運用上の健全性に対する可視性を提供するからです。それ以外にも重要なサービスをみていきましょう。

  • 選択
    • コンピューティング
      • AutoScaling
    • ストレージ
      • EBS(SSDやPIOPSなど)
      • Amazon S3
    • データベース
      • Amazon RDS
      • Amazon DynamoDB
    • ネットワーク
      • Amazon Route 53(ルーティング)
      • Amazon VPC
      • AWS Direct Connect
  • レビュー
    • AWS Blog
    • AWS website
    • etc
  • モニタリング
    • Amazon CloudWatch
      • AWS Lambda(トリガーのアクションとして)
  • トレードオフ
    • Amazon ElastiCache
    • Amazon CloudFront
    • AWS Snowball
    • Read replicas in Amazon RDS

 

まとめ

パフォーマンス効率の柱では特性を理解しシステムにマッチしたサービスを利用しパフォーマンスについて監視を行い、新しいテクノロジーに対しては必要に応じてテスト比較を行う旨が記載されています。

  • 選択
    • AWS上の複数サービスに対して適切なサービスの選択を行う
  • レビュー
    • 日々アップデートされたテクノロジーについてシステムのパフォーマンス効率を改善できないかの検討
  • モニタリング
    • パフォーマンスについて監視しアラーム通知を行い、必要に応じて自動的なアクションを実行する
  • トレードオフ
    • より高いパフォーマンスを実現するために整合性、耐久性、 容量に対する時間と遅延(レイテンシー)のトレードオフを検討する
    • 例:DBの負荷を軽減させるためキャッシュを利用するなど

さいごに

まとめにも書いた通り、パフォーマンス効率の柱ではシステムに対する最適なサービスの選択が必要であると記載があります。AWSでは日々新しいソリューションの提供やアップデートがあります。もし選択するサービスに迷っていらっしゃる場合は是非お気軽にお問い合わせください。

この記事が誰かのお役に立てば幸いです。

参考

https://wa.aws.amazon.com/wat.pillar.performance.en.html