SORACOM AirをAndroid4.4(KitKat)のSIMフリースマホで試してみた

102件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

AWSチームの鈴木です。

IoTプラットフォーム向けに提供されるSORACOMのサービスですが、 SIMフリーなスマートフォンであれば、SORACOM AirのSIMを3G/LTE接続用に利用する事が可能です。

今回、Android4.4(KitKat)のスマートフォンを利用し、SORACOM Airを試した結果を紹介させていただきます。

環境

  • SORACOM Air、DocomoのSIMカードを利用します。

soracom-sim-kitkat-002

  • 今回、Android端末として、Freetelのnico(Android 4.4 (KitKat))を利用しました。

soracom-sim-kitkat-001

  • 利用するSORACOM AirのSIMは、事前にSoracomコンソールで有効化が必要です。

参考: 新IoTプラットフォームSORACOMを試してみた

設定

設定画面

  • 設定画面より、「無線とネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイントの設定」を開きます。

soracom-sim-kitkat-02

soracom-sim-kitkat-03

  • 「アクセスポイントの設定」画面のメニューより、「新しいAPN」を指定します。

soracom-sim-kitkat-04

APN設定

  • 名前は任意の名前(SORACOM)を指定します。
  • APNは「soracom.io」
  • ユーザ名「sora」
  • パスワード「sora」

soracom-sim-kitkat-05

  • APN設定値を入力後、メニューより「保存」を行います。

soracom-sim-kitkat-06

  • アクセスポイント名(APN)として、先に登録した「SORACOM」を指定します。

soracom-sim-kitkat-15

リンクアップ確認

  • アンテナピクト表示で、「3G」「H」と、通信を示す「△▽」の表示を確認します。

soracom-sim-kitkat-11-2

リンクしない場合

通信事業者の選択

  • 「通信事業者」→「自動的に選択」

soracom-sim-kitkat-07

soracom-sim-kitkat-08

soracom-sim-kitkat-09

  • 「ネットワークに登録されました」となる事を確認します。

soracom-sim-kitkat-10

機内モード

  • ネットワーク登録に失敗する場合、機内モードのOn/Offで改善する場合もありますので、お試しください。

soracom-sim-kitkat-14

まとめ

SORACOM Air、SIMフリーのスマートフォンがあれば簡単に利用する事が可能です。

amazon.co.jpより購入の場合、イニシャル費用はSIMカード1枚あたり888円。 ランニングコストも1日10円の基本料金と、通信量1MB あたり 0.2 円からの従量課金で 利用できますので、是非お試しください。