[アップデート]Amazon Connectにリアルタイム顧客音声ストリーム機能が追加されました

こんにちは、中村です。

Amazon Connect にリアルタイム顧客音声ストリーム機能を追加されました。今までは顧客との通話は通話録音機能を利用して、終話後にのみ聞くことができました。今回のアップデートにより、どこからでも自動的にストリーミングができるようになりました。使用するとAmazon Kinesis Video Streamsに送られて、統合済みの機能(感情分析や文字起こし)などを利用できます。

やってみた

顧客音声ストリーム機能を開始する作業は、対話フローにて開始ブロックを追加です。その前にインスタンスの設定をします。インスタンスのデータストレージ内にあるライブメディアストリーミングを有効化して項目を入力し、ライブメディアストリーミングの設定と全体の設定の保存をします。

サンプルで利用しているSample inbound flowに操作内のメディアストリーミングの開始を追加し保存して発行をします。今回は触れませんが、メディアストリーミングの停止ブロックもあるのでフロー内で取得する必要がないものは停止が可能です。

これで設定は完了です。実際に電話してみましょう。
Kinesis Video Streamsのダッシュボードでストリームが確認できるはずです。

ストリームが作成が確認できました。このストリームを利用してサービスに統合します。
設定時にメッセージが表示されていましたが、呼び出しごとに1つのストリームが使用されるためKinesis Video Streams自身の制限に注意する必要があります。実際に利用する場合は、想定トラフィックを検討してサービスの上限緩和申請をしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
この機能を利用することで、リアルタイムな顧客分析(ComprehendやTranscribe)や体験をリッチにすることもできると思います。

弊社では、「Amazon Connect」の導入を検討している方を対象とした無料相談会を毎週開催中です。

また音声を中心とした各種ソリューションの開発支援も行なっております。