クラスメソッドに営業として入社して1年経ったので、実際に働いて感じた事を纏めてみました!

100件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

こんにちは、AWS営業部の洲崎です!

早いもので、クラスメソッドに入社して気づいたら1年が経っておりました。。。

クラスメソッドの文化にもようやく慣れてきたので、これを機に振り返ってみようと思います!

(初めて?のポエム投稿です!)

面接の時から感じていたこと

思えば2018年7月頃の一次面接で緊張しながら履歴書をお渡ししたところ、現営業部長から「うちはペーパーレスだからいらないよ」と言われたのを鮮明に覚えております。。

(2次面接も営業はロープレのテストがあり、念のため提案書を全部印刷したのですが、全て無駄になりました。笑)

また、2次面接では大阪の方がWEB会議で入ってきたりして、いきなりのリモート面接でとても緊張したのを覚えております。

この時からクラスメソッドは他の受けてる会社と明らかに違う。。。とヒシヒシと感じながら入社しました!

クラスメソッドの文化

実際働いてみて思ったのが、面接の時に思っていた以上に、独自の文化が確立していると思いました。

具体的には下記4つの特徴があると思います。

  1. ペーパーレス・フリーアドレス
  2. リモートワーク・チャット文化
  3. セルフマネジメント
  4. 挑戦する・挑戦できる社風

①ペーパーレス・フリーアドレス

まずはペーパーレス・フリーアドレスの部分になります。

冒頭でも触れましたが、クラスメソッドは徹底的なペーパーレスの文化が浸透しております。

営業から見ると、具体的には請求書・見積書・注文書・提案書等のやり取りも全て電子化で統一されております。

※営業の事務作業で上げれられることのほとんどがペーパーレスになっており凄く楽に感じました。

前職の時は紙の請求書のチェックをしたり、見積もりを上司に確認してもらう為に印刷したり、年末調整を毎年書いて出したり。。。

これらが全てPC1台で出来るようになり、非常に効率的に働けていると感じています。

個人的には何でも紙で管理すると資料の山で埋もれたり、あの資料どこにやったっけ。。?等も往々にしてあったので、ペーパーレスがこんなに便利だとは。。!と感じました。

また、各々が持っている資料もあまりないので、フリーアドレスの文化も浸透しております。

非常に働きやすい環境で働けていると日々実感しております。

②リモートワーク・チャット文化

①と同様に、②でも今までの文化と違いすぎて衝撃を受けました。

まずリモートワークについてですが、前日までにチャットで報告すれば会社に行かなくても仕事が出来ます。

その為、宅急便が届くから家で働いたり等、非常に柔軟に働くことが可能です。

他の会社によっては家庭の事情の場合のみOKとかあると思いますが、クラスメソッドではそんな事はないです。

各々が一番働きやすい働き方であれば、基本的にはどこで仕事をしてもOKです。

また、リモートワークの文化を支えているのが社内チャット文化だと思います。

前職は基本社内のやり取りもメールだったので、お客様とのメールと混じっていて非常に管理が大変でした。

ただクラスメソッドでは社内のやり取りはメールではなく、チャットツールを利用しております。

その為、社内の人間とやり取りをする時は基本的にはメールでやり取りを行いません。

メールは社外の方とやり取りをする時がほとんどです。

メールの場合は”新規作成”→”メール文を作る”→”送信”、といった面倒なプロセスがありますが、

社内チャットだと気軽に情報共有出来たり、案件毎に部屋を作成したりなど、非常に効率的に働くことが出来ます。

③セルフマネジメント

リモートワークの文化が浸透しているので、クラスメソッドの社員はセルフマネジメントを求められます。

どこでも働いてよいということは、環境は問わないけど効率化しながら最大限の成果を出してね、というのが原則になります。

クラスメソッドは今最も勢いのあるAWSを扱っており、かつAPN Consulting Partner of the Year 2018も頂いている日本で有数のAWSプロフェッショナル会社です。

非常に忙しい中でいかに効率的に働くか、というところが個々人でも求められます。

勿論、営業部でもチームがあり定例MTG等もありますが、自立した動きが出来るかどうかはスキルとして重要だなと感じました。

④挑戦する・挑戦できる社風

クラスメソッドは常に新しい技術を積極的に取り組んでおります。

スピード感は非常に速いと個人でも感じており、”2週間後にはこのサービスはじめるよ!”みたいな話も往々にしてあります。笑

IT業界はスピードを求められる業界だと思ってますが、クラスメソッドは特にスピード感がある会社だと日々感じてます。

社長がフロントに立って進めているDevelopers.IO CAFEも日々進化しており、”この会社は次どんな事をやるのだろう”と思わせてくれる会社です。

また、個人でやりたい!と思った事も積極的にやらせてくれます。

例えばAWSインフラやってたけどサーバレスをやりたい!等の部署移動とかも活発に行われています。

私も前職でコールセンターシステムの経験があったのでAmazon Connectの案件をやりたいと話したところ、現事業本部長から”よし、裏ですぐ話すからやっていいよ”と一瞬でOKを貰った記憶があります。笑

効率的に、かつチャレンジングな精神で働きたい人にとってはベストな会社だと思います。

まとめ

入社してから1年経ってみて感じたところを纏めてみました。

正直、もう1年!?って思うぐらい、非常に速かったです。笑

クラスメソッドの文化にはだいぶ慣れてきたので、2年目からはもっと積極的にいろいろ動いてみようと思います。

(ブログもできれば週一で書きたい。。いや、書きます!笑)

また、クラスメソッド営業部ではまだまだ働く仲間を募集しています!

本ブログをみて”この会社で働いてみたい!”と思った方は是非説明会にご参加ください。

https://classmethod.jp/news/jobfair-190925/

ではまた!AWS営業部の洲崎でした。