ADC MEETUP 07 MAX RETWEET 全体セッション「Adobe Creative Cloud from Adobe MAX 2013」

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

今、目黒雅叙園で行われているADC MEETUP 07 MAX RETWEETに参加中です。
全体セッション「Adobe Creative Cloud from Adobe MAX 2013」のポイントだけ紹介したいと思います。

スタート - Adobe MAX 2013の紹介

オープニング

はじまりました。
まずはAdobe MAX 2013の紹介です。

Adobe MAX 2013

5000名の参加者、参加国51、55%のクリエイター、65%の初参加、70,000名の基調講演 視聴者(当日)

Adobe MAX 2013

Adobe Creative Cloud

Adobe Creative Cloud(CC)のフロー。

  • CCアプリ
  • アセット&環境設定
  • コラボレーション
  • コミュニティ
  • 個人ポートフォリオ(http://www.behance.net/

Adobe Creative Cloudへ

  • CS6からCCへへ
  • 設定が同期される
  • 専用アプリケーション上から常に最新版をダウンロード
  • 複数のバージョンをインストール、利用可能
  • Typekitで様々なフォントが利用できる(ようになる)

それぞれのアプリケーションのポイントと新機能を紹介

Adobe Photoshop CC

  • 手ぶれの軽減機能
  • 新たなスマートシャープ
  • 高品位なアップサンプリング
  • 編集可能な角丸の長方形
  • 複数のパスとシェイプの選択
  • CSSのコピー

その他まだ新機能があるので以下をご確認ください。

http://www.adobe.com/jp/products/photoshop/features.html

Adobe Illustrator CC

  • 文字タッチツール(文字をアウトライン化することなく拡大縮小、回転、位置調整が可能になる)
  • CSS書き出し・オブジェクトごとを自動で画像化
  • HTMLの書き出し
  • Kulerとの連携

http://www.adobe.com/jp/products/illustrator.html

Adobe Kulerモバイルアプリ

Kulerのモバイルアプリケーションを使い、カメラからリアルタイムにカラーパレットを作成、そのカラーパレットKulerからIllustratorに読み込み、オブジェクトに適用できます。

Adobe Edge Tools and Dreamweaver CC, Flash CC

アンディから。

Adobe Edge Reflow

Adobe Edge Reflowはデザイナー向けのレスポンシブデザインサイトを作るためのツールです。

  • デバイスのサイズ切り替えポイント(ブレイクポイント)を打ち、そのときのスタイルを指定できる
  • CCから新たにフォームの背景スタイルなどが追加された
  • 多くのキーボードショートカットが追加されている

Edge Reflow

Adobe Edge Animate

Flashのようなツールだけど、はき出されるソースはすべてHTMLやCSSでできている。

  • HTMLとCSSなのでCSSのプロパティも設定できる
  • タイムラインを動かしながらアニメーションを設定
  • Flashのようにビジュアルでアニメーションが作れる
  • 新機能でパスに沿ってアニメーションができるモーションパスが追加された

Adobe Dreamweaver CC

なんと進化したようです。

  • ライブプレビューがレスポンシブにも対応
  • Edge ReflowやEdge Animateのファイルと連携(詳しくは不明)
  • CSS Designerという新しいCSSに関するパネルができた(ChromeのDevtoolsのように計算済みのスタイルなどがリアルタイムで確認・編集できる)

http://www.adobe.com/jp/products/dreamweaver.html

Adobe Flash CC

起動が高速になりました。

  • 64bit対応
  • すべて一から作り直しました
  • UIや使い勝手はそのまま
  • 細かいところが改善されています(オブジェクト変更時のリアルタイム描画など)
  • ステージのサイズが無限になった

http://www.adobe.com/jp/products/flash.html

Creative Cloudについて

Creative Cloudのメリット

Creative Cloudのメリット

  • 2台インストール
  • 1台に2バージョンインストール
  • 2台同時起動
  • WinもMacも自由
  • 無制限サポート
  • 好きな時に好きなバージョン

Creative Cloudグループ版

Creative Cloudグループ版

会社をまたいで、ライセンスを付与することも可能。

Creative Cloudグループ版のメリット

Creative Cloudグループ版のメリット

  • ID管理は専用サイトで
  • シートの増減は即座に
  • クラウドストレージ100G
  • エキスパートサービス

今後の追加機能

今後のCreative Cloud

  • PhotoshopからReflowプロジェクト生成
  • Flash ProfesionalでJS編集をサポート
  • ScoutでHTML / JSのプロファイル
  • Edge AnimateからEdge Inspect連携

Adobe AppBox

AIRギャラリーにPhoneGapアプリを追加してリニューアルしました。
AIRコンテスト改めAdobe AppBox AWARDS 2013が開催予定。優秀者にCreative Cloud1年分 MAXのフルパスが用意されている。

ADC Plus 、ADC ONAIRも見てね。

Webへの貢献

AdobeはツールだけではなくWebを作ることへも貢献しています。
特にW3Cと共に活動している。

W3C

  • CSS Regions
  • CSS Exclusions
  • Blend Modes

Move the Web Forward

Webを作る側に貢献していこう。

http://movethewebforward.org/

you can make the web as awesome as you want it to be.

先日、日本でもTest the Web Forward Tokyoというイベントがあり、W3C、Adobe、Google、MicrosoftなどがスポンサーとなりHTML5やCSS3の新しい標準のテストをひたすら作成するというイベントが開催されました。(私も参加しました)

言葉の壁があるのでまずは近くのコミュニティに参加して輪を広げていくと良いかも。

docomoさんが作ったツール

docomoさんが作ったブラウザの機能確認ツール

抽選券を使ったプレゼント

おみやげ

以上、全体セッション「Adobe Creative Cloud from Adobe MAX 2013」でした。