(レポート)[ServerlessConf London] まとめ #serverlessconf

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

2016/10/26(水)〜2016/10/28(金)にかけて、ロンドンで開催された ServerlessConf London に参加してきました。

ServerlessConf は今年2016年になってから開催されるようになったカンファレンスで、2016/05/25-05/27 にかけてのニューヨーク、2016/09/30-10/01 にかけての日本に続く今年3度目の開催です。

カンファレンスは

  • 10/26(水)ワークショップ
  • 10/27(木)セッション 1日目
  • 10/28(金)セッション 2日目

というように初日のワークショップと後半2日のセッションで構成され、私はセッションの部のみ参加しました。

名前の通りサーバーレス技術に関する会議ではあるのですが、サーバーレスの定義は宗教論争的な側面もあります。

本カンファレンスのセッションはは大きく以下の3カテゴリーに分類されます。

  • FaaS(Function as a Service)の紹介: AWS Lambda, Azure Functions, GCP Cloud Functions など
  • その他 IaaS/BaaS/PaaS の紹介 : PubNub, Realm, iron.io など
  • サーバーレスアーキテクチャの知見 : フレームワーク(serverless)、内製ツール(Capital One)

各セッションは

  • FaaS
  • Jeff

という名前の2部屋に分かれて行われ、内容に応じて振り分けられました。 部屋名(FaaS)を意識するほど、セッション内容が大きく分かれているわけではなく、あくまでも便宜上 FaaS/Jeff という名前をつけただけのようです。

セッション一覧

カンファレンスのセッションは以下です。

タイトルのリンク先はYouTube動画です。一部は動画が公開されていません。

 タイトル 登壇者 一言メモ
 キーノート Patrick Debois DevOpsを命名した人
Building Serverless IoT/Connected Device Applications Ian Massingham(AWS)
Serverless architecture at iRobot Ben Kehoe(iRobot) ルンバの会社

発表スライド

Event-driven and Serverless Computing with OpenWhisk Andreas Nauerz(IBM Bluemix) & Michael Behrendt(IBM Bluemix)
Serverless for the Enterprise Rafal Gancarz(OpenCredo)
Real World Serverless Applications with Azure Functions Yochay Kiriaty(Microsoft Azure)
Real-time Data Processing Using AWS Lambda Ken Payne(AWS)  AWSのアーキテクチャー
Webhook is dead. Long live webtask Tomasz Janczuk(Auth0)
Cloud Custodian, a serverless rules engine for the cloud Kapil Thangavelu(Capital One)
The Serverless Cloud Integration Pattern Lars Trieloff(Adobe)  Adobeも大々的にクラウドを活用しています!
Old Programmers and New Programmers Can Learn New Tricks Donald Ferguson(SparqTV)
Serverlessness, NoOps and the Tooth Fairy Charity Majors(honeycomb.io) MBaSのParseで働いていた人
How to build a search-as-you-type application in under 15mn with Algolia Tim Carry(Algolia) & Alex Collin(Algolia)
The making of Azure Functions Chris Anderson(Microsoft Azure) FaaS
Serverless Operations Ben Bridts(Cloudar)
Migrating to Serverless: MindMup 2.0 case study Gojko Adzic
Serverless with Ansible Ryan Brown(Ansible)
Cloud Detour - Automation Tool for testing Cloud Applications Resiliency Sathiya Shunmugasundaram(Capital One) & Gnani Dathathreya(Capital One)
Mission to Mars: Exploring new worlds with AWS IoT Jeroen Resoort(JDriven)
Ops for NoOps: Operational Challenges for Serverless Apps Eric Windisch(IOPipe) & Pam Selle(IOPipe)
Real-time Back and Restore with Amazon DynamoDB and AWS Lambda Ian Meyers(AWS) AWSのアーキテクチャー
OpenWhisk Under the Hood Stephen Fink(IBM) FaaS
Serverless in an Offline-First world Alexander Stigsen(Realm)
How Firebase helps developers create extraordinary experiences Mike McDonald(Firebase/Google) Firebase/BaaS
The future of serverless Paul Johnston(Movivo)
Getting the most out of the Serverless Framework Florian Motlik(Serverless Inc)
Teletext.io: the serverless startup Marcel Panse(Instant) & Sander Nagtegaal(Instant)
Serverless API in the Enterprise Scott Patterson(API Talent) & Simon Coward(Xero)
Serverless for Developers: Tips for Your Next App Danilo Poccia(AWS) AWSのアーキテクチャー
How Serverless Computing Enables Microservices and Micropayments Eugene Istrati(AdTechMedia)
Globally Available Serverless Architectures Rich Jones(Gun.io) Zappaの中の人

発表スライド

Serverless Microservices with Google Cloud Functions  Bret McGowen(Google) FaaS
Serverless GraphQL Jared Short(Trek10)
Why PubNub moved Serverless Computing into the Network Girish Dusane(PubNub)
DevOps for Serverless Applications Yochay Kiriaty(Microsoft Azure) Azure
Writing Serverless Plugins Anna Doubkova(Red Badger)
Serverless real-time aggregates Christian Blunden(uSwitch)
Big data processing simplified with Serverless Map Reduce Sunil Mallya(AWS)  AWSのアーキテクチャー

お勧めのセッション

印象に残ったセッションを紹介します。

Serverlessness, NoOps and the Tooth Fairy(and other useful myths) - Charity Majors

何か一つだけ聞くなら、Parse(Facebookが買収)の元エンジニアで現在は Zpinkin のような分散トレーシングシステムを提供する Honeycombの共同創業者である Charity Majors のトークが断然おすすめです。

サーバーレスアーキテクチャーを採用してサーバーをなくせば、サーバー運用がなくなり、オペレーションの負荷がへるというのは、よく言われるサーバーレスのメリットの一つです。 いざ実際にサーバーレスなサービスを運用すると、性能が出なかったり、不具合が出なかったときに、ブラックボックスなXaaSに振り回され、楽になるはずの運用が逆に負荷が高まることもあります。そもそも依存していたサービスがなくなることだってありえます(某Parseなど)。

このセッションでは、まだ発展途上中のサーバーレスエコシステムに対して、どのように向き合うべきか、示唆に富んだ話が聞けます。

Tooth Fairyは抜けた乳歯をコインに変えてくれる妖精です。 サーバーを排除してメリットを享受できるつもり、逆の影響をもたらすということがタイトルに込められているのだと思われます。

Serverless in an Offline-First world - Alexander Stigsen

Charity Majors さんのトークとは異なり、真面目で地味なセッションですが、堅実で理論よりのセッションが好きな方にはおすすめです。

スピーカーはモバイル向けデータベースプラットフォームRealmのCEOを務める Alexander Stigsen です。

モバイル端末は通信などに大きな制約があり、Realmではオフラインもデータ更新を行い、オンライン時にデータ同期を行う仕組みがあります。 Realm プラットフォームを提供する上で、どういう課題があり、それらをどのように解決したのか、丁寧に解説されます。

会場/参加者の雰囲気

スポンサーでもある A Cloud Guruのスタッフが会場の設営や参加者のインタビューをYouTubeにアップロードしています。このビデオを見ると、会場やカンファレンスの雰囲気がよく伝わると思います。

参加者によるレポート

参考リンク