技術書典6を宝探し感覚で巡ってきた記録 #技術書典

はじめに

2019年4月14日(日)に池袋サンシャインシティ 文化会館ビル2Fにて開催された技術書典6へ行ってきました。

  • どんな状況だったのか
  • どんな本と巡り合ったのか

等をレポートしてみます。

技術書典6 | 技術書典

前回参加記事

技術書典5にて技術同人誌の書き方を紹介した本を購入してきた | DevelopersIO

混雑状況

今回は開場後11:00〜13:00までは有料の入場券が必要でした。そのため「人が少なくなりそうな午前中から気楽に巡るかなー」等と思っていましたが、そんなヤワな熱量ではなかったようです。

そこで、13:00丁度辺りにつくようにお昼をとりつつ時間調整をしたところ、入場待ちの行列が若干出来ていましたが5分もしないうちに入場となりました。その後、待機列が再度出来上がるような状態だったようですが、同じく5分もあればはけていたようです。

ブースの状況

前回と同じく立ち読み用スペースがありました。ただ、混雑の関係でそのスペースに直行とはならず、先に各出展サークルを見て回る流れになりました。

移動中に度々足を止めざるを得ない状態でしたが、どうやら通路上で立ち止まる参加者が多かったが故のようです。リュックにふっとばされる事も度々もあったので、周りの参加者の手荷物には特に気をつける必要がありました。

今回見かけた技術書

個人的には

  • Raspberry pi
  • Vue.js
  • 技術書の書き方

辺りを多く見かけた印象がありました。AWSは割合少なめだった気がします。

入手した技術書

事前に細かくはチェックせずに「何かきっとあるよね」と何周もした結果です。クタクタでしたが、個人的に気になる本は見つかりました。

  • Markdown ライティング入門
  • 継続的にアウトプットする技術
  • 星の欠片の物語が形になった後の物語
  • 技術季報
  • とらラボ!
  • YOMOYAMA Book vol.1

技術季報は当イベントのガイドブックです。技術書典5のレポートが掲載されています。「とらラボ!」は無料頒布されていました。

Markdown ライティング入門

主にgithubのMarkdownDevIOでの記事執筆時のMarkdown対策として入手しました。Markdownに迷う方にはオススメの内容です

Markdownライティング入門 プレーンテキストで気楽に書こう! (技術書典シリーズ(NextPublishing)) | 藤原 惟 |本 | 通販 | Amazon

同サークルが取り扱っていたMarkdownチートシートもとても頼りになりそうなアイテムで、迷わず選択しました。

継続的にアウトプットする技術

これもDevIOで記事執筆する際の参考にと入手しました。継続するための指針、継続するための環境作り、少しでも前に進める方法等、とにかく継続するための手段に踏み込んでいる内容です。

星の欠片の物語が形になった後の物語

PSVRタイトル「星の欠片の物語」にまつわる本です。PSVRを手に取る切掛になった方も多いのではないでしょうか。 『星の欠片の物語、ひとかけら版』

とらラボ!

とらのあなエンジニアが挑んだ研究について、「AWS Fargateを使ったバッチアプリケーションのサーバレス化」等、数多くのレポートが掲載されています。

サークル詳細 | 虎の穴ラボ | 技術書典

YOMOYAMA Book vol.1

BigQueryの利用例や、AppEngineアーキテクチャパターン、GoogleCloudStorageのチューニングに関する内容になっています。

技術書典6でトートバッグ配布! TOPGATE は「技術書典」にスポンサーとして協賛します! | 株式会社トップゲート

その他

今回の会場までの経路

前回、会場に向かった際には池袋駅で降りて、サンシャインシティまで只管歩いていました。今回は東池袋駅を最寄り駅としましたが、地上の混雑とは無縁で雨が降ってもそれほど影響しないという素晴らしい順路でした。

今回の参加者数

総参加者数10000人で一般参加者数9000人とのことで、10人に1人は出展側だった計算になります。

決済手段

技術書典アプリのかんたん後払い対応サークルが多かったため、その場で財布の中身を気にする必要はほとんどありませんでした。ただし、鉄道系電子マネーにのみ対応しているサークルもあり、念の為に事前に決済方法とチャージ金額を確認しておいたほうが無難です‎「技術書典」をApp Storeで

BOOTHでの取扱も併用しているサークルもあるため、現地入りしなかった方はチェックしてみましょう。 技術書典6 新着商品 - 通販・ダウンロードの同人販売、購入 - BOOTH

まとめ

午前中の一般参加は有料の入場券が必要だったため、どのくらい人が減るのだろうかと心配していました。しかし、完全な杞憂だったことと、むしろ午後の混雑ぶりから午前中に入場料を払って会場入りしたほうが快適だったのではないかと思えてしまう状況でした。

技術書典7の会場はどうなるのか気になるところですが、とりあえず今回参加された方々はお疲れ様でした。