Developers.IO 2017セッション「A1. クラメソの請求を支える技術 〜40歳中年エンジニアの生存戦略〜」#cmdevio2017

こんにちは植木和樹@上越妙高オフィスです。クラスメソッドが運営するIT系技術ブログDevelopers.IOのカンファレンスイベントDevelopers.IO 2017にて、セッション「A1. クラメソの請求を支える技術 〜40歳中年エンジニアの生存戦略〜」を発表しました。そのレポートです。

発表スライド

セッション前半: クラメソの請求を支える技術

これまでの請求システム

  • 独自見積システム(ColdFusion + SQL Server)
  • 独自請求管理システム(MS-Access)
  • 請求書発行(CMP)
  • 入金管理(弥生会計)
  • サービス管理(Google Spreadsheet、Kintone、Confluence、Excel ...)

新請求システム

セッション後半: 40歳中年エンジニアの生存戦略

  • An Ordinary Engineer
  • コードが書ける != プログラマー
  • 自分はアプリ開発者であり、言うなら糊付けエンジニア
  • APIを組み合わせる
    • 「どのように」動いているかは分からなくても仕方ない(専門的分野)
    • 「なにを」するものかを知って使う

なんでもできる人なんていない

  • 1日24時間は平等に与えられている
  • その時間を(プライベートも含めて)どう割り当てるかは自分次第

開発だけがエンジニアの仕事ではない

  • コンピューターシステムを活用する立場
  • 会社の各所の専門家をエンジニアとしてサポートしていく
  • 「半径5mの人を幸せにする」

まとめ

自分でタイトルを考えておきながら、聴きにきていただいた方が「サーバーレス」 「40歳のおっさん」 どちらに興味があるのか分からず、下書きを2度3度修正を繰り返しました。ツイッターでのフィードバックを拝見し、なんとか私の伝えたかったことが汲み取っていただけたようでホッとしています。

すてきなツイートありがとうございました! 目の前でタブレットを使ってる方がいて、リアルタイムにまとめられてたようです。すごいなぁ