Developers.IO 2018セッション「次世代モバイル向けクラウドサービス
AWS AppSync を使って
店舗スタッフと顧客の体験を最大化する方法」で話しました #cmdevio2018

Developers.IO 2018でAWS AppSyncについて話してきました

2018年10月5日に開催したクラスメソッドのカンファレンス「Developers.IO 2018」にて「次世代モバイル向けクラウドサービス
AWS AppSync を使って
店舗スタッフと顧客の体験を最大化する方法」というテーマで登壇いたしました。

GraphQLとAWS AppSyncの概要と導入事例を紹介させていただきました。

資料はこちら

お話しした内容

お話しした内容を簡単にまとめました。

GraphQLとは

  • Facebookが開発したWeb APIのクエリ言語 (問い合わせ言語)
  • クエリ言語でアプリとサーバーサイドがやり取りをする
  • クライアントがレスポンスの形式を決め必要なデータだけ取得
  • REST APIの置き換えとして紹介されることが多い
  • APIが1つしかないので通信処理がシンプル
  • 型がベースになっているのでアプリエンジニアが触れやすい
  • ツール周りが豊富(コードを自動生成するツールなど)
  • GraphQLはWeb APIの次のパラダイム

AWS AppSyncとは

  • GraphQLのマネージドサービス
  • 2018年4月に一般利用可能(GA)に
  • DynamoDB / Elasticsearch / Lambda / HTTP Request を統合
  • リアルタイム / オフライン対応
  • iOS / Android / JavaScript / React Native で使える
  • CloudFormationがサポートしているので簡単に構築できる

最も大きなメリットは、開発効率

  • GraphQLの変更がカンタン
  • デプロイもカンタン
  • アプリ開発との連携もカンタン
  • アーキテクチャの変更もカンタン
  • 最短スピードで要望に対応

AWS AppSyncを使う上で
気にした方が良いこと

  • スキーマの共有フローは考えておくべき!
  • いつでもどこでも作れるようにしよう
  • デバッグは大変なのでReact.js Client Appを使おう

まとめ

これからもAWS AppSyncを活用した事例を増やし、公開していきたいと思います。皆さんもぜひぜひAppSync使っていきましょう✌️