[レポート] Kubernetesの利用・普及、その先は何か? #linedevday_report

Kubernetesの利用・普及、その先は何か?

2019年11月20日(水)・21日(木)にグランドニッコー東京 台場でLINEのデベロッパーカンファレンス「LINE DEVELOPER DAY 2019」が開催されました。

本記事は、セッション「Kubernetesの利用・普及、その先は何か?」をレポートします。

スピーカー

  • 河 宜成 [ゼットラボ株式会社 代表取締役]

セッション概要

ゼットラボ株式会社代表取締役。2008年にヤフー株式会社に入社。さまざまなプロジェクトにおいて、Webサービス開発職、Androidアプリ開発職を経験後、開発部長に就任。2015年ゼットラボ株式会社の立ち上げに参画し、ソフトウェアエンジニアおよび開発マネージメントを担当。2017年より同社代表取締役に就任。以降、最新のITインフラを支える技術を、ヤフー社に提供し続けるため邁進している。

レポート

  • 自己紹介
    • ヤフーに新卒入社
    • Webサービス、Androidアプリなどを経験
    • 2015年にゼットラボの立ち上げに参加
    • 2017年より現職
  • ゼットラボ株式会社
    • 技術で新しい世界へシフトする
    • ヤフーの100%子会社
    • ヤフーの大規模インフラを支えるR&Dを行なっている
  • 質問
    • コンテナとプロダクションを使っているか? : 結構いる
    • k8sをプロダクションで使っているか? : 結構いる
  • コンテナおさらい
    • Dockerが有名
      • 仮想化技術をまとめたプラットフォーム
      • Mac, Windowsなどをサポート
    • k8s
      • コンテナのデプロイ、スケーリング、管理を行う
      • Google社内で使っていたものがOSS化
    • 周りを見渡すとk8sサービスだらけ
      • EKS, AKS, ...
    • Googleトレンドで話題性を見てみる
      • Dockerが2015年に人気が出始める
      • 2018年ぐらいからk8sの人気が出始める
    • プロダクションでのコンテナ利用状況
      • ワールドワイドで73%
      • 国内は9.2%
    • プロダクションでのk8s利用状況
      • ワールドワイドで47%
      • 日本はデータなし
    • Z LabはContainer as a Service(CaaS)を開発
      • CaaSとしてヤフーに提供
      • 利用者のサポートなどもやっている
  • 今日のテーマ : なぜゼットラボがCaaSを作ったか?
  • なぜk8sを選定したか
    • ゼットラボは2015年に創業
    • ビジョンはいけてるモダンなインフラを作ること
    • Cloud Native Trail Map
      • いかにクラウドネイティブなアプリケーションの道を歩んでいくか
      • 当時はなかった
    • 当時からコンテナに着目していた
    • コンテナ化がもたらしたこと
      • kernel依存であり、OS依存ではなかったこと
      • Immutable Infrastructureを体現できる
        • どの環境でも同じイメージで稼働できる
    • 解決しなかったこと
      • 大量のサーバーに展開する方法がない
      • 複数のコンテナを連携する場合も困難
    • 過去にはコンテナのオーケストレーションサービスはあった
      • Docker Swarm、Mesosなど
      • コミュニティ、スポンサーなどがたくさんある
      • k8sを採用
    • k8sの運用はハード
      • 保守運用コストが非常に高い
      • k8sの運用に加えてのVMの運用
      • ソフトウェアの問題はソフトウェアで解決、CaaSを開発
    • CaaS開発チームの立ち上げ
      • ソフトウェアエンジニア4名
      • OpenStack
      • 欲しい時にk8sが手に入るように
    • 優れているところ
      • Declertative object configutation
        • 調整ループが可能。
    • K8kをフレームワークとして利用する
    • CaaSをヤフーに導入
      • Yahoo!ズバトクで利用
    • Maybe You don't need k8s
      • 本当に必要かどうか考える
      • ビジネスがスケールしてからで良いのではないか?
      • k8sを使いたいという背景は?
    • 教育 / 啓蒙 / アドオン / サポート
  • なぜそんなことをするのか?
    • エンジニアが組織の内外に発信するようになった
    • プラットフォームの連携とインフラの増強
  • この後に何を作るか?
  • ゼットラボは、いま何に取り組むのか
    • 運用が大変、開発に集中したい
  • Stateless App on k8s
    • k8sでステートを持つアプリケーションのサポート
    • クラウドネイティブな認証
      • ゼロトラストネットワーク
  • 技術コミュニティへの貢献
    • Qiitaに記事を投稿
    • 開発メンバーが各ミートアップに参加
    • 最新技術を使う・作る・共有する

まとめ

k8sを立ち上げ、運用する上での課題やノウハウが詰まったセッションでした。企業での技術貢献のお話も聞けたのがとても好印象でした。最新技術をコミュニティで持ち上げていきましょう!