軽い気持ちでIoTとAlexaのアドバイスしたらsmartioさんと仲良くなれた話。 #smartio #Alexa

せーのでございます。
今日はクラメソの仕事納めの日。ということで軽い話題ですが、ひょんなところからお付き合いは始まる、ご縁ってわかんないね、というお話です。

尚、なんとなくですが、この記事を書きながら私の頭の中で鳴っている曲も一緒にお届けしますので、是非流しながら文章を読んでいただければと思います。

出会いは突然に

お話は10月の下旬の頃にさかのぼります。当時私は福岡の勉強会の広報計画を考えていました。面白そうな企画だと思っていたのですが、中々、というかかなり集客に苦戦していて「これどうやって広めたらいいんだろうな」と、TwitterやFacebook、インスタなどのSNSをあてもなくさまよっていました。

そんな時なんとなく目に入ったのがこのつぶやきでした。

私は今でこそAlexaや機械学習関連のお仕事をしていますが、つい2年前くらいまではIoTチームと言うところに所属していまして、AWS IoTをいじくり回していました。
性格的にも普段ならまずなにかしようとは思わないのですが、集客が行き詰まっていたので気分転換したかった気持ちもあったのでしょうか、それとも何となく役に立てれば、という気持ちが芽生えたのか、気がつくとリツイートしている自分がいました。

※ここで脳内BGMが流れる

本当に軽い気持ちだったので、そんなに気にせずに仕事に戻ったのですが、思いがけなく返事が返ってきました。

そこからDMでコードなどを見せてもらった所、少し前にAWSでアナウンスされていたシマンテック系の証明書の問題と判明し、エラーは無事取れたようでした。

偶然が偶然を呼ぶ

エラーが取れたとのご報告を受けて、良かった良かったと胸をなでおろしていると、何となくお相手の方の後ろについている「@smartio」という文字が気になりました。どっかで聞いたことある、、、いや、何かで見たんだ。この文字の並びを。

記憶をずっと手繰り寄せていると、あるサイトに辿り着きました。それがsmartio.lifeでした。

VUI専門の情報サイト」というのがまず珍しく、更に中身は単に情報を伝えるメディアというだけではなく、実際に手を動かして、その内容を記事にする、というスタイルの記事もあり、そこが私達クラメソのDevelopers.IOを彷彿とさせるもので「へえ、こんなのもできてきたんだ」と勝手に親近感が湧いていたことを思い出しました。

※ここで脳内BGM2曲目

smartioというのは、あのsmartioか。この人はsmartioが好きな人、なんだろうか。それともsmartioの中の人なんだろうか。

思い切って話を聞いてみると、どうやら中の人の方のようでした。

こんなところでメディアの人と繋がれるなんて、すごい偶然があるものだ、と思い、何の気なしにsmartio関連を見ていました。すると

ん?福岡?

そう、smartioさんは九州に拠点がある、ということがわかったのです。
福岡、と言えば、今度Alexa Salonをする予定の場所です。今集客活動をしている状況から考えても九州の集客は大変。smartioさんの話ならみんな聞きたいんじゃないだろうか。というか、私が聞いてみたい

ということで、オファーを出してみましたところ、、、OK!!

ということで、今年の福岡re:Growthはsmartioさんにも話していただけることになりました。おかげで集客も何とかなり、本当に助かりました。

あのIoTはどうなった

ところで、私もほんの少しだけお手伝いしたあのIoTはどうなったのでしょうか。なんとあのプロジェクトはすごいことになっていました

※ここで脳内BGM3曲目

あのIoTプロジェクトは「Alexaでロボットを動かすボイスロボプロジェクト」として、音声でロボットを動かすプロジェクトに成長していたのです。

あのコードがここまで成長するなんてビックリです。更にAlexa対応。鉄人28号世代の方にはあのTVの中の世界が現実になったわけですね。

しかもこれ、福岡の人は実物が見られるようです。12/23福岡市科学館、お近くの方はsmartioさんの努力の結晶を是非見に行ってみてください。

更にどうやらこのロボットは23日当日「YOKAロボまつり」というイベントで、なんと闘うそうです。もうほぼ鉄人じゃん
是非とも正太郎、、、いやながちゃんには頑張って優勝してほしいものです。

まとめ

ということで、ひょんな事がきっかけで面白いプロジェクトに関わらせてもらうことができました。
皆さんも偶然の出会いは大切に。
あと、福岡の方はぜひながちゃんを応援しにYOKAロボまつりへ!!