Groveの温度センサーをEdisonにつないでみた

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

弊社では空前のEdisonブームということで、今回はGrove Starter Kit for Arduinoの温度センサーIntel Edison Kit for Arduinoにつないでみました。最終的には机の上が以下の様な感じになりました。
Grove_Temperature_Sensor_final

GroveのBase ShieldをEdisonに載せる

最初にEdisonにGroveのBase Shieldを載せます。これを
Intel Edison Kit for Arduino and Grove Starter Kit for Arduino
よいしょ。
Grove Starter Kit for Arduino on Intel Edison Kit for Arduino
思ったより深く挿せないようです。この深さでも動作しましたが、
Grove Starter Kit for Arduino on Intel Edison Kit for Arduino side view
実際にはちゃんと深くまで挿せました。真ん中のピンがすっぽり隠れるぐらいまで挿せるようです。都元ダイスケさんから指摘してもらいました。ありがとうございます! Grove Starter Kit for Arduino on Intel Edison Kit for Arduino side view2
これで動作するようになります。とっても簡単ですね!

温度センサーの取り付け

次に温度センサーを取り付けます。
Grove_Temperature_Sensor
ケーブルは逆向きに挿せないようになっているので安心です。
Grove - Universal 4 Pin Unbuckled Cable
Base Shield側はA0に挿します。別のアナログ入力ポートでも大丈夫だと思いますが、後で出てくるサンプルコードがA0なのでA0に挿したほうが簡単です。ちなみに、取り付ける際は一旦Base ShieldをEdsionから外したほうがいい気がします。挿したままだと変に力が入ってどこかを痛めてしまいそうな感じでした。
Grove_Temperature_Sensor on Base Shield
最後にBase ShieldをEdisonに載せ直してUSBをつないで完成です。Base Shield側のLEDも点灯しているので問題なく動きそうな感じです。
Grove Temperature Sensor on Intel Edison Kit for Arduino

温度センサーを動かしてみる

では温度センサーを実際に動作させてみます。GitHubにサンプルコードが公開されているのでそれをArduino IDEから開いてEdisonに書き込むだけです。まずは適当なディレクトリにgit cloneします。

git clone https://github.com/Seeed-Studio/Sketchbook_Starter_Kit_V2.0.git


次にFinderから直接開きます。
Finder_Grove_Temperature_Sensor.ino
Arduino IDEのエディタが開くのでEdisonに書き込みます。
Grove_Temperature_Sensor___Arduino_1_5_3-Intel_1_0_4
あとはシリアルモニタを開けば温度が表示されていることが分かります!シリアルモニタは[ツール]メニューの[シリアルモニタ]から開けます。
Grove_Temperature_Sensor_serial_monitor

最後に

ということで、とても簡単に温度センサーが動くことを確認できました。Grove Starter Kit for ArduinoにはLCDが入っているので、次はLCDに温度を表示させてみようかと考えています。
Grove - RGB Backlight LCD
今まで触ったことがなかったので静電気で壊さないかとか、起動したはいいけど停止はどうするんだとか、そもそもどういう原理なんだとか色々疑問はありますが、まぁサンプルコードまで辿り着いてしまえばあとはつなげてコード書けば動くかなーと急に気分が大きくなってたりしますw