Eclipseベースの開発環境(STM32CubeIDE)で手軽にLチカしてみた

こんにちはAIソリューション部のさかじです。 STM32 Nucleo-64 NUCLEO-F072RBを購入しました。最近リリースされたSTマイクロエレクトロニクス社製の開発環境STM32CubeIDEを使用して環境の構築、Lチカまで行いました。

環境

STM32CubeIDEとは

  • Eclipseベースの開発環境
  • STマイクロエレクトロニクス純正
  • Windows / Mac / Linuxで使用できる

準備

  • STMicroelectronicsのSTM32CubeIDEのダウンロードサイトから"Get Software"ボタンを押下して、ライセンス契約、Email登録などを行いダウンロードします。

  • dmgファイルがダウンロードされるため指示に従ってインストール

STM32CubeIDEを起動

  • STM32CubeIDEを起動します
  • 任意のフォルダ(Workspace)を選択して"Launch"を押下します

STM32CubeIDE Workspace選択画面

  • "Start new STM32 project"を押下します

    STM32CubeIDE Home画面

  • 必要なファイルのダウンロードが開始されます

    STM32CubeIDE ダウンロード画面

ダウンロードにしばらくかかります。私の場合はプログレスバーが全く進まなくなったため一度強制終了させて再度STM32CubeIDEを起動しました。

  • "Board Selector"をクリックして”NUCLEO-F072RB"を選択して"Next"をクリックします

    STM32cubeIDE Target Selection画面

  • 任意のプロジェクト名を入力して”Fnish"をクリックします

    STM32CubeIDE Project Setup画面

  • "Yes"をクリックします

    Board Project Options画面

  • "Yes"をクリックします

    Open Associated Perspective?画面

  • コードをmain.cmain()while(1)のブロックに以下のように記入します。

  while (1)
  {
    /* USER CODE END WHILE */

    /* USER CODE BEGIN 3 */
    HAL_GPIO_TogglePin(LD2_GPIO_Port, LD2_Pin);
    HAL_Delay(500);
  }
  /* USER CODE END 3 */
  • "Debug As" - "2 STM32 MCU C/C++ Application"をクリックします

    Debug As画面

  • Switchをクリックします

    Confirm Perspective Switch画面

  • デバッグ画面へ移行します

  • 実行ボタンをクリックするとファームウェアがボードへ書き込まれてLEDの点滅が開始します

    実行ボタン拡大画面

  • ST-Linkのファームウェアを更新してから再度、"Debug As"からの作業を実施します。

ST-Linkファームウェア更新が必要画面

  • アップグレード用のツールをダウンロード
    STSW-LINK007 からツールをダウンロード

  • ダウンロードしたファイルを解凍してMacの場合にはAllPlatforms/STLinkUpgrade.jarをFinderから起動します。

  • "Open in update mode"ボタンを押下

STLinkUpgrade起動画面

  • "Upgrade"ボタンを押下

    アップグレード

  • "Upgrade successful"と表示されたら終了

参考サイト

Nucleo-F401でLチカ(STM32CubeIDE、macOS版)

最後に

Arduino IDEは手軽に開発できる環境です、有償の開発環境でも手軽に扱えるものも増えて来ましたがWindows向けのものがほとんどです。STM32CubeIDEはWindows/Mac/Linuxとサポートしていて、Eclipseの環境に慣れているとそれほど導入も難しくないと感じました。 ボードも1500円程度と手頃ですのでぜひ試してください。