【7/7(水)】Jamstackで実現するWebサイト高速化とコストダウン〜Contentful × Cloudinary × CloudFront〜

セミナー概要

WEBサイトの表示速度がサイトの流入、売上に直接影響を及ぼしています。 その様な中、パフォーマンス改善のチューニングに時間をかけることに限界を感じているという声を多く聞きます。 WEBサイトの開発や更新に人的リソースを集中できるのが理想ですが、CMS(Contents Management System)のセキュリティ対策やバージョンのアップデート対応に追われてしまいます。また、現在広く普及しているレガシーシステムのランニングコストについて見直しを考えた事はないでしょうか。

これらの課題を解決するのがJamstack構成です。今回はその中でCloudinaryとContentfulを紹介します。

Cloudinaryとは

Cloudinaryは、WEBP、Jpeg2000などの画像や動画のフォーマット対応や、リアクティブサイジングなどの最適化を行うSaaSです。 さらには、パラメーターの調整によって元のイメージを加工することなく画像変換を行うことができます。 画像イメージの最適化によって表示速度が上がり通信のコストを抑えることができます。

Contentfulとは

Contentfulは、ヘッドレスCMSの中でも代表的なサービスの一つで、サーバーレスのためサーバーの保守運用の手間から解放されます。 APIでコンテンツを取得するため、ヘッドレスCMSはサイト表示速度に優れる静的サイトの構築と相性が良く注目を集めています。 また、ファイヤーウォールの導入やプラグイン/CMSのバージョンアップデート不要になり、さらにはWebhookによりCI/CD環境への 組み込みが容易になることで従来のCMS管理・運用の人的工数も大きく削減できます。

本ウェビナーでは、CloudinaryとContentfulを使ったJamstack構成でWebサイト高速化とコストダウンをご紹介します。
加えて、クラスメソッドを通してAWSのCloudFrontを導入することによりコストダウンをするための方法についても触れます。

お申し込みはこちら

※こちらのセミナーは2020年12月から開催しています。

このような課題を解決します

  • CMSの管理を楽にしたい
  • WEBサイトの表示速度を手間なく上げたい
  • 利用費のかかるレガシーシステム、インフラのコストを見直したい

開催概要

日時 2021年6月10日(木)※お申し込みを締め切りました
2021年7月 7日(水)
2021年8月12日(木)
16:00~17:30(接続開始15:50)
場所 ウェビナー方式
登壇者 クラスメソッド AWS事業本部 パートナーアライアンス部 マネージャー 兼
ゲームソリューション部 マネージャー 武田信夫
クラスメソッド ベルリンオフィス 東雅也
クラスメソッド ベルリンオフィス 小西諒
定員 各回100名
参加費 無料
主催 クラスメソッド株式会社

当日の流れ

時間 内容
16:00〜16:20 ご挨拶 / 概要
16:20〜17:00 Cloudinary デモンストレーション
17:00〜17:20 Contentful デモンストレーション
17:20〜17:30 質疑応答

※セミナーの内容は予告なく変更になる場合があります。

受講方法

本セミナーではZoomを使用します。
初めてZoomをご利用になる方は、ソフトウェアのインストールが必要です(所要時間1〜2分)。
ウェビナーの閲覧URLは開催前日にメールにてお知らせいたします。

Zoom接続テストはこちら
※本セミナーは登壇者側からの一方向配信になりますので、カメラ/音声はオンにできない設定で開催いたします。

お申し込みフォーム

※個人およびフリーランスの方、弊社が競合と判断した企業様からのお申し込みはお断りをさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。