【12/7(水)】AWSで実践!モダンでセキュアなコード開発 ~初めての方向けSnykハンズオン~

セミナー概要

AWSなどクラウド上で稼動させるアプリケーションの開発に、CloudFormation(CFn)などのIaCは欠かせません。そうでなくても複雑化しているアプリケーション開発において、現在では開発コードの脆弱性やOSSの依存関係・ライセンス問題等を早い段階から補足し、セキュリティ上の問題を解決していく「シフトレフト(Shift left)」という考え方が重要になっています。

本ハンズオンウェビナーでは、DevSecOpsを実現するプロダクト「Snyk(スニーク)」を使い、CFnコードの脆弱性スキャンや、普段お使いのIDEとSnykを連携させるといった、セキュアコーディングの実践方法をご紹介します。
デモの手順は公開いたしますので、是非ご自身の手で実践してみてください!

お申し込みはこちら

Snykとは

Snykはデベロッパーファーストのセキュリティプラットフォームです。
Snykは、コードやオープンソースとその依存関係、コンテナやIaC(Infrastructure as Code)における脆弱性を見つけるだけでなく、優先順位をつけて修正するためのツールです。
Gitや統合開発環境(IDE)、CI/CDパイプラインに直接組み込むことができるので、デベロッパーが簡単に使うことができます。
安全な開発を迅速にするためのSnykは、デベロッパーが感じているセキュリティの「めんどくさい」を解決するためのセキュリティプラットフォームです。

#アプリケーションセキュリティ #コンテナ(Docker)セキュリティ #IaCセキュリティ #OSSセキュリティ #サプライチェーン攻撃 #ライセンス管理 #セキュアコーディング #SAST(静的アプリケーションセキュリティテスト) #SCA(ソフトウェア構成分析) #DevSecOps #脆弱性データベース #IDE統合

こんな方におすすめです

  • セキュアな開発を迅速に行いたい方
  • これまでのSAST(静的解析)ツールやSCA(ソフトウェア・コンポジション解析)ツールの使い勝手に満足していない方
  • オープンソースの依存関係やライセンス管理に悩んでいる方
  • 開発工程における脆弱性についてレポートを作成したい方
  • 「シフトレフト」に関心がある方
  • Snykのマスコット犬「パッチ」を応援したい方

AWS Marketplace販売開始キャンペーン

今回、初めてDevSecOpsに取り組む企業に適したスモールスタート向けのキャンペーンを用意しました。2つのキャンペーンを同時に適用いただくことで、最大8.8%相当の割引となります。

開催概要

日時 2022年11月22日(火)※お申し込みは締め切りました
2022年12月7日(水)
15:00~16:00(接続開始14:50)
場所 ウェビナー方式
定員 20名
参加費 無料
協力 Snyk株式会社

当日の流れ

時間 内容 登壇者
15:00〜15:10 Snykの紹介 クラスメソッド株式会社 アライアンス統括部渡辺聖剛
15:10〜15:40 Snykハンズオンデモ クラスメソッド株式会社 アライアンス統括部 渡辺聖剛
15:40〜15:50 キャンペーンのご案内 クラスメソッド株式会社 アライアンス統括部 鵜澤聡
15:50〜16:00 質疑応答

※ウェビナーの内容は予告なく変更になる場合があります。

ご受講方法

本セミナーではZoomを使用します。
ウェビナーの閲覧URLはお申し込みいただいた方に開催前日にメールにてお知らせいたします。
Zoomの接続テストは こちら
1社さまあたりの人数制限は設けておりませんが、受講される際はそれぞれお申し込みください。
出欠確認を行いますので、名前はフルネーム(例:暮州太郎/Taro Kurasu)等での参加をお願いします。なお、お名前は他の受講者様にはわかりません。

お申し込みフォーム

※個人およびフリーランスの方、弊社が競合と判断した企業様からのお申し込みはお断りをさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。