【6/17(金)】SnykとAWSで実現!安全で迅速なアプリケーション開発

セミナー概要

アプリケーションが複雑化し、オープンソースソフトウェア(OSS)を組み込んで開発することが当たり前のいま、開発コードの脆弱性やOSSの依存関係・ライセンス問題を早い段階から補足し解決していく「シフトレフト(Shift left)」という考え方が重要になっています。

本セッションでは、脆弱性をはじめセキュリティ対応に要する手戻りを最小限にし、DevSecOpsを実現するSnyk(スニーク)をご紹介します。
Snykがもたらす効果やメリットに加え、AWSで実現するクラウドネイティブアプリケーションをよりセキュアに開発するヒントを、国内初のパートナーであるクラスメソッドがいち早く皆様にご紹介します。

※セッションは、2022年3月に開催したSnykウェビナーにて収録した動画を使用いたします。

お申し込みはこちら

Snykとは

Snykはデベロッパーファーストのセキュリティプラットフォームです。
Snykは、コードやオープンソースとその依存関係、コンテナやIaC(Infrastructure as Code)における脆弱性を見つけるだけでなく、優先順位をつけて修正するためのツールです。
Gitや統合開発環境(IDE)、CI/CDパイプラインに直接組み込むことができるので、デベロッパーが簡単に使うことができます。
安全な開発を迅速にするためのSnykは、デベロッパーが感じているセキュリティの「めんどくさい」を解決するためのセキュリティプラットフォームです。

こんな方におすすめです

  • セキュアな開発を迅速に行いたい方
  • これまでのSAST(静的解析)ツールやSCA(ソフトウェア・コンポジション解析)ツールの使い勝手に満足していない方
  • オープンソースの依存関係やライセンス管理に悩んでいる方
  • 開発工程における脆弱性についてレポートを作成したい方
  • 「シフトレフト」に関心がある方
  • Snykのマスコット犬「パッチ」を応援したい方

開催概要

日時 2022年6月17日(金)15:00~16:00(接続開始14:50)
場所 ウェビナー方式
定員 100名
参加費 無料
共催 Snyk株式会社
クラスメソッド株式会社

当日の流れ

時間 内容 登壇者
15:00〜15:25 迅速な開発とセキュリティをSnykで両立 Snyk株式会社 シニアソリューションエンジニア 相澤俊幸氏
15:25〜16:00 25分で分かった気になる AWSセキュリティとシフトレフトの実践 クラスメソッド株式会社 アライアンス統括部 渡辺聖剛

※ウェビナーの内容は予告なく変更になる場合があります。

受講方法

本セミナーではZoomを使用します。
ウェビナーの閲覧URLは開催前日にメールにてお知らせいたします。

Zoom接続テストはこちら
※本セミナーは登壇者側からの一方向配信になりますので、カメラ/音声はオンにできない設定で開催いたします。

お申し込みフォーム

※個人およびフリーランスの方、弊社が競合と判断した企業様からのお申し込みはお断りをさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。