[iOS 8/Xcode 6] SwiftではじめるiOS開発 #3 [API取得&JSONパース]

ただいま基本動作を絶賛学習中です。


API取得

最近のアプリでは、API取得処理がほぼ必須の技術になってきているので、その辺りを実装してみたいと思います。
今回は以下のライブラリを使用しました。

  • NSURLConnection (API取得)
  • NSJSONSerialization (JSONパース)
  • プロジェクトの作成

    まずはSingle View Applicationで新規プロジェクトを作成します。

    ss_01


    storyboardでviewを設定します。今回は、NavigationBarとButtonを以下のように設置しました。

    ss_10


    Buttonを設置したので、actionを紐づけておきます。

    ss_11


    まずはviewの設置が完了しました。これからAPIの取得を実装していきます。

    APIの取得

    取得するAPIデータとして、今回は HeartRails Express の都道府県データを使用させていただきました。

    都道府県データを取得する際は、http://express.heartrails.com/api/json?method=getPrefecturesに接続します。

    ブラウザで接続すると都道府県のJSONデータが確認できると思います。今回はNSURLConnectionというライブラリを使用して、アプリから上記のデータにアクセスしてアプリ内で使用できるようにします。

    以下のように、getData()メソッドとresponse()メソッドを作成しました。

        // API取得の開始処理
        func getData() {
            let URL = NSURL(string: "http://express.heartrails.com/api/json?method=getPrefectures")
            let req = NSURLRequest(URL: URL)
            let connection: NSURLConnection = NSURLConnection(request: req, delegate: self, startImmediately: false)
            
            // NSURLConnectionを使ってAPIを取得する
            NSURLConnection.sendAsynchronousRequest(req,
                queue: NSOperationQueue.mainQueue(),
                completionHandler: response)
        }
        
        // 取得したAPIデータの処理
        func response(res: NSURLResponse!, data: NSData!, error: NSError!){
            
            println(data)
            
        }
    
    

    3,4行目でURLのリクエストを作成し、8行目でリクエストを送信しています。また、10行目(completionHandler)では、その処理が終わったらresponse()メソッドにデータを渡すようになっています。

    response()メソッドでは、ひとまず取得したデータをログに表示するようにしました。

    また、このままではgetData()メソッドが発火しないので、Buttonを押した時にgetData()を実行するようにしておきます

        @IBAction func load(sender: AnyObject) {
            getData()
        }
    

    これで実行してみると、以下のようにログが表示されます。

    ss_20

    なぞのバイナリデータが返ってきました。
    このままではよくわからないので、次からJSONデータの解析をしてみます。

    JSONデータの解析

    先ほどのresponse()メソッドに何かのデータが返却されていることがわかりました。(都道府県データですが)
    今度はそのデータをわかりやすく整形したいと思います。

    respons()メソッドを以下のように書き換えます。

    // 取得したAPIデータの処理 func response(res: NSURLResponse!, data: NSData!, error: NSError!){

    let json:NSDictionary = NSJSONSerialization.JSONObjectWithData(data, options: NSJSONReadingOptions.AllowFragments, error: nil) as NSDictionary

    let res:NSDictionary = json.objectForKey("response") as NSDictionary let pref:NSArray = res.objectForKey("prefecture") as NSArray

    // 1行ずつログに表示 for var i=0 ; i4行目でNSJSONSerializationを使用して、先ほどのデータをNSDictionary型に変換しています。7,8行目でそれぞれの要素を取り出して、11行目からデータを一つずつログに出力しています。

    この状態でもう一度実行すると以下のように、都道府県名が取得できている事がわかります。

    ss_21

    ここまでくれば、いろいろと使いやすいですね。

    たとえば、取得したデータをこちらのようにTableViewに表示する、なんてこともできますね。

    APIの取得とJSONのパース処理は以上です。ありがとうございました。

    参考

  • SwiftでTiqav APIを叩くビューワアプリを100行でつくったよ
  • バックナンバー

  • [iOS 8/Xcode 6] SwiftではじめるiOS開発 #1 [Table View]
  • [iOS 8/Xcode 6] SwiftではじめるiOS開発 #2 [データ保存]
  • [iOS 8/Xcode 6] SwiftではじめるiOS開発 #3 [API取得&JSONパース]