[iOS 7] まったく新しい機能「AirDrop」

はじめに

今回は、iOS 7の新機能の中でも注目度の高いAirDropの紹介をさせていただきます。AppleのiOS 7のサイトには以下のように書かれています。

写真や書類をテキストメッセージやEメールで送る。それ自体はまったく問題ありません。
でも相手が隣にいる時にテキストメッセージやEメールで送るのは、手順が多すぎてちょっと面倒ではありませんか?
そんな時のためにAirDrop for iOSがあります。AirDropなら写真、ビデオ、連絡先、そして共有ボタンがついた
アプリケーションにあるものを何でも、すばやく簡単に共有できます。あなたは「共有」をタップして、共有する
相手を選ぶだけ。あとは、AirDropがWi-FiとBluetoothを使ってやっておきます。設定はまったくいりません。
転送されるデータは暗号化されるので、とても安全に共有できます。

AirDropとは

AirDropは、元々Macに搭載されており、ワイヤレス通信を利用し、複数のマシンでファイルを供する機能です。iOS 7からAirDropを利用することが可能になりました。AirDropは、Wi-Fiを使用して一時的なP2Pのネットワークを構築し、TLSの暗号化通信によってデータの転送を行います。

AirDorpの説明

AirDropは、Wi-Fiを介してファイルを共有出来る機能ということがわかりましたが、端末、共有範囲、ファイル種別などを以下にまとめました。

使える端末は?

iOS7を入れたからと言って、全ての端末で使えるわけではありません。使えるのは、以下の端末のみです。

  • iPhone 5
  • iPad(第4世代)
  • iPad Mini
  • iPod touch(第5世代)

共有範囲は?

AirDropは、以下の範囲で共有の許可が可能です。

  • 全員
  • 連絡先のみ
  • なし

共有できるアプリは?

iOS 7にインストールされているデフォルトのアプリだと、以下のアプリでAirDropは利用できます。

  • 連絡先
  • マップ
  • カメラ
  • 写真
  • メモ
  • ボイスメモ
  • Passbook
  • Safari

共有できるファイルは?

以下のファイルが、共有可能です。

  • 動画
  • 画像
  • テキスト
  • 音声

AirDropで共有する方法

それでは、早速AirDropでファイルを共有する方法を以下に書いていきます。今回は、複数の写真を共有してみます。

1.カメラロールで写真を選択

カメラロールの右上にある選択ボタンを押下し、共有したい写真ファイルを選択します。

IMG_0046

2.アクションシートを表示

左下にあるアクションシートボタンボタンを押すとアクションシートが表示され、その中にAirDropが表示されているはずです。共有相手がいる場合は、ここに表示されます。

IMG_0045

3.共有する

共有相手を選択し、共有を行います。操作はこれだけです。複数名にも送ることが可能です。

IMG_0047

開発したアプリで利用できるのか?

アクションシートからAirDropが利用できるので、可能です。ただし、共有できるのは上記のファイル形式のみです。

まとめ

AirDropが利用できるようになり、ファイルの転送などが便利になりました。こんな便利な機能開発者としても使いたいですよね!?AirDropはAPIが無いため利用できないのですが、iOS 7の新APIにMultipeer ConnectivityとFrameworkがあり、その中にpeer-to-peer connectivityというものがあります。こちらを利用することで、近くのデバイスを検出し、Wi-Fiでの通信が可能となります。peer-to-peer connectivityのAPIを解説している記事が、こちらにありますので、開発者の方は是非身ていただければと思います。