[iOS 8] WKWebView で Web ページを表示してみる 〜 Objective-C 編

前回

前回の記事WebKit Framework の概要を説明しました。また、簡易的な Web ブラウザーのサンプルプロジェクトも紹介しましたね。この記事からは、このサンプルプロジェクトを参考に WebKit Framework、特に WKWebView の使い方を解説します。

サンプルプロジェクトを起動してみる

hirai-yuki/WebBrowserSample からサンプルプロジェクトをダウンロードして、Xcode 6 で開き、実行してみましょう(pod installを忘れずに!)。

すると、以下のように 弊社ホームページ が表示されるはずです。

ios8-webkit-wkwebview-1-1

このように、サンプルプロジェクトでは画面表示時に WKWebView で Web ページを表示するようにしています。

今回は「WKWebView で Web ページを表示する」ところを解説します。

それでは、ソースコードを見てみましょう。

WebKit のインポート

そもそも WKWebView を使用するために WebKit Framework をインポートする必要があります。

CLMWebBrowserViewController.h
#import <UIKit/UIKit.h>
#import <WebKit/WebKit.h>

/**
 簡易 Web ブラウザーを表示する ViewController
 */
@interface CLMWebBrowserViewController : UIViewController

WKWebView を配置する

2014/09/08(月)時点で、Interface Builder には、WKWebView がないようです。

なので、サンプルプログラムではプログラムで配置しています。

CLMWebBrowserViewController.m でのプロパティの宣言
@interface CLMWebBrowserViewController () <WKNavigationDelegate>

@property (strong, nonatomic) WKWebView *webView;
@property (weak, nonatomic) IBOutlet UIBarButtonItem *backButton;
@property (weak, nonatomic) IBOutlet UIBarButtonItem *forwardButton;
@property (weak, nonatomic) IBOutlet UIBarButtonItem *reloadButton;
@property (weak, nonatomic) IBOutlet UIBarButtonItem *stopButton;

@end
CLMWebBrowserViewController.m 「- loadView」メソッド
- (void)loadView
{
    [super loadView];

    // WKWebView インスタンスの生成
    self.webView = [WKWebView new];

    // Auto Layout の設定
    // 画面いっぱいに WKWebView を表示するようにする
    self.webView.translatesAutoresizingMaskIntoConstraints = NO;
    [self.view addConstraints:@[
                                [NSLayoutConstraint constraintWithItem:self.webView
                                                             attribute:NSLayoutAttributeWidth
                                                             relatedBy:NSLayoutRelationEqual
                                                                toItem:self.view
                                                             attribute:NSLayoutAttributeWidth
                                                            multiplier:1.0
                                                              constant:0],
                                [NSLayoutConstraint constraintWithItem:self.webView
                                                             attribute:NSLayoutAttributeHeight
                                                             relatedBy:NSLayoutRelationEqual
                                                                toItem:self.view
                                                             attribute:NSLayoutAttributeHeight
                                                            multiplier:1.0
                                                              constant:0]
                                ]];

    // デリゲートにこのビューコントローラを設定する
    self.webView.navigationDelegate = self;

    // フリップでの戻る・進むを有効にする
    self.webView.allowsBackForwardNavigationGestures = YES;

    // WKWebView インスタンスを画面に配置する
    [self.view insertSubview:self.webView atIndex:0];
}

簡単に説明すると、

  • WKWebView インスタンスを生成する
  • Auto Layout で、WKWebView を画面いっぱいに表示するよう設定する
  • WKWebView もろもろ設定(これはあとで)
  • ViewController の view 内の最背面に WKWebView を配置する

ということをやってます。

Web ページを表示する処理を書く

画面表示時に Web ページを表示するので、サンプルプロジェクトでは - viewDidLoadメソッドにこの処理を記述しています。

CLMWebBrowserViewController.m 「- viewDidLoad」メソッド
- (void)viewDidLoad
{
    [super viewDidLoad];

    // WKWebView インスタンスのプロパティの変更を監視する
    [self.webView addObserver:self forKeyPath:@"estimatedProgress" options:NSKeyValueObservingOptionNew context:nil];
    [self.webView addObserver:self forKeyPath:@"title" options:NSKeyValueObservingOptionNew context:nil];
    [self.webView addObserver:self forKeyPath:@"loading" options:NSKeyValueObservingOptionNew context:nil];
    [self.webView addObserver:self forKeyPath:@"canGoBack" options:NSKeyValueObservingOptionNew context:nil];
    [self.webView addObserver:self forKeyPath:@"canGoForward" options:NSKeyValueObservingOptionNew context:nil];

    // 初回画面表示時にIntialURLで指定した Web ページを読み込む
    NSURL *url = [NSURL URLWithString:InitialURL];
    NSURLRequest *request = [NSURLRequest requestWithURL:url];
    [self.webView loadRequest:request];
}

WKWebView でWeb ページを表示する際は、UIWebView 同様 - loadRequest: メソッドを使用します。引数は NSURLRequest です。- loadRequest: メソッドを実行すると、指定した URL の Web ページの取得と描画を開始します。

ここで指定している InitialURL を自由に変えて試してみてください。

CLMWebBrowserViewController.m InitialURLの定義
static NSString * const InitialURL = @"http://classmethod.jp";

まとめ

まずは、最初の一歩である WKWebView を用いて、Web ページを表示する方法について解説しました。この辺は従来の UIWebView と何も変わりませんね。 次回は Web ページのロード中にプログレスを表示するサンプルを解説します。