秋葉原のHoneyHoneyはリモートワークにお勧めのメイドカフェでした

184件のシェア(すこし話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは。サービスグループの武田です。いえ、タケダです *1

年の暮れにこんな会話がありました。

ジョー「そういえば、秋葉原っぽいこと入社してからしてないです」

ハマコー「ほんまですか? やりましょやりましょ」

タケダ「秋葉原っぽいことってなんですかね?メイドさん?」

ジョー「メイドカフェいいですね!」

ハマコー「いいっすね!行きましょう!!」

というわけで、我々はメイドカフェに行くこととなったのでした。

これが神のお告げ……

弊社にはメイドカフェ神がおられますので、初心者が下手に自分で探すよりも、神にご意見を伺った方が間違いないです。

そこでハマコーが事前に神託を受けました。

これは迷わずHoneyHoney一択ですよ。

すべては神の御心のままに。こうしてHoneyHoney(秋葉原店)に決まりました。

ちなみに参加者は神のブログを読んで気持ちの準備をしました。

最強のノマド環境メイド喫茶で気をつけるべき4つの項目

初めてのメイドカフェ…!

さて2018年1月31日16時、ついに決行する日が来ました。直前までミーティングがあり、少し遅れて出発。出かける前には社内チャットで忘れずに報告します。

ジョーの書き込みがありませんが、きっと気持ちが高ぶって忘れていたのでしょう。

出発から約30分ほどで入店し、社内チャットで再開の報告。

ちなみに移動自体は30分もかかってませんでした。お店を探すのに少し迷ったのと、初入店だったので、メイドさんが丁寧にメニューの説明をしてくれてました。

お店へのアクセス|横浜・大宮・秋葉原のメイドカフェHoneyHoney

設備……十分すぎ?

メニューの説明と一緒に、Wi-Fiや電源もしっかり案内してもらいました。ファーストオーダーを注文したあとは、普通にお仕事です。

とはいえそこはメイドカフェという異空間、はしゃがないわけがないですよね。もう笑みが溢れ出ちゃってます。

ついでにスピードテストもしてみたんですが、文句ないというか、かなりよい環境なんじゃないでしょうか。

ワッフルだぁああ!!

メイドカフェで注文するものといえばオムライスなどが思い浮かぶでしょうか。もちろんオムライスもあったんですが、ハニーワッフルがおいしそうだったので注文してみました。アイス、ソース、トッピングがそれぞれ選べるようになっています。今回は王道(?)のバニラ、チョコソース、ナッツです。

また食後はキャラメルHoneyラテも注文しました。メイドさんに絵を描いてもらえます。ぬこ描いてもらいました。かわいいよぬこ。

ワッフル、ラテ、どちらもとてもおいしかったです。

社内勉強会、ハングアウトで出てましたよ!

実はこの日は、社内で勉強会が開催される日でした。普段から打ち合わせなどもハングアウトでリモート参加することが多いんですが、さすがにメイドカフェから参加するのは、はじめての経験でした(そもそもメイドカフェが初なので)。

結論だけ言えば、まったく何の問題もなかったです。

メイドカフェから勉強会にリモート参加する3名。

ひとつ夢が叶いました!

そんなわけでメイドカフェにいたわけですが、18時過ぎに業務も終了して、軽く乾杯をしました。

今回感じたことをざっと挙げてみます。

  • 高速なネット環境、電源もあるので安心
  • コーヒーも注文できてメイドさんが給仕してくれる
  • たまにメイドさんが話しかけて来てくれる
  • 周りにも仕事をしている人がいるので気にならない
  • お値段もリーズナブル
    • ワッフル、ラテ、ジントニックを注文して2000円してません

と、約3時間ほど滞在したわけですが、非常に満足度の高いものでした。今回主催したハマコーも、「週一で通ってええんちゃいます?」とノリノリです。

まずは1回行けたことで、メイドカフェに対するハードルが、かなり下がった気がします! 週一で通うかどうかはわかりませんが(笑)

こんな働き方もいいなと思った方は、ぜひクラスメソッドへ!

おまけ

今回の件には弊社社長も反応していまして、次のようなものでした。

どこにあるお店か知らなかったんですが、帰り道にありました。かなり近場なんですね。

機会があればいろいろなお店にも行ってみたいですね。

脚注

  1. ポイントカードの名前