ITアイランドに行ってみる in 大分県姫島

76件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

梶原大使(ambasad)です。 3月に大分県の姫島村は良いぞ!という話を聞き。

その場で、福岡オフィスのメンバーで、姫島村でのリモートワーク実行を決定。 その場にいらっしゃったRuby開発様、大分県様に行きます宣言。

そして、今4月、姫島に向かうフェリーの中で記事書き ITアイランドセンターから記事を投稿しています。

きっかけ

3月弊社が入っている弊社オフィスの福岡県Ruby・コンテンツ産業振興センターで交流会が開かれました。
その中で姫島村にサテライトオフィスを開かれている
Ruby開発様のプレゼン
「Rubyでドローンの制御、離島でのITライフのリアルな話」
の中で、姫島村のサテライトオフィスでの仕事の紹介が行われました。
「すばらしい自然(山、海、まち)」
「速いネットワーク!」
そして
「暖かい姫島の人たち!」 <=ここ重要
そのままでは、いい話だなー。で終わってしまうのですが
今、姫島ではITアイランド構想のもと、
ノマドワークが実施できる環境を整備しているので
「ぜひ、一度姫島にきてください!」とのこと。
これは!とその場にいた、弊社社員で顔を見合わせ、意気投合。
早速Ruby開発様、大分県の職員の方にその場でコンタクトを行いました。
「行きます!」
「ぜひ来てください!」
「ほんとにいいですか!?」
「ほんとにいいですよ!?」
「(本当かな?)」(お互い)

事前準備

一応、リモートワークを実施するにあたり準備とか
・場所の把握
弊社福岡オフィスからの距離
(けっこうあるけど、バスと船が1時間1便くらいあるので行けばなんとかなりそう)
・リモートワークの実現性調査
ほんとにリモートワークできんの?ってことでネットワークの速度はたぶん問題なさそう
先日のプレゼンを信じるなら全く問題ないとの認識。
一応オフィス用WiMAXを持参し、冗長化しておけばなんとか。
・業務場所
そういや、ノマドワークする場所ってどうなってんだっけ
ちょっと、ネットで場所を調べてみる
あれ、もしかして、開設準備中?
「環境整備している
・・・ん?そういうこと?
・・・あれ、あれ、どうしよう・・・
詳細な調整事項は端折りますが
リモートワークをご相談したところ、
Ruby開発様のご厚意により、姫島村のサテライトオフィスのスペースを
姫島でリモートワークをしている間、一部お借りさせていただける事になりました。
また、大分県商工労働部、企業立地推進課の方にも、ご協力いただいて、リモートワークをするならということで、姫島へのご案内もして頂けることとなりました。
※リモートワークをされたい、姫島にオフィスを開設したいという方はぜひ連絡を取ってみてください。

姫島に移動中

フェリーの中で揺れてますが、浮つく気持ちを抑えながらリモートワークをしつつ向かっています。
きれいな空気、速いネットワーク、暖かい人たち
そして、おいしいごはん!
決定から1ヶ月と短い期間で行動にうつしましたが、大分県、姫島村でリモートワークをしてみます。

続く

環境を変えて、リモートワークをすると、とても刺激になりました。
バタバタと短い期間で用意をしたため、ちょっとバタつきましたが、とてもいいリモートワークができたと思います。
近日中にリモートワーク、また福岡だよりのシリーズで、今回リモートワークをした、福岡オフィスメンバーで随時記事をあげていきますので
今後の投稿をお楽しみにしてください。
※内容追記しました。

リモートワーク

リモートワークの内容を弊社田中井出がまとめました。

 

リモートワーク中にスペースをお借りした、Ruby開発様で弊社中山が実施したLTの内容になります。