もちろんフィリピンでもAWS認定資格試験は受けられます!

はじめに

こんにちは、knakayamaです。

今回は小ネタエントリです。現在私はフィリピンのマニラでリモートワークをしています。弊社ではAWSの認定資格の取得を奨励しているということもあり(2018年7月時点でその数400以上)、マニラでその試験を受け無事合格することができました(今回はAWS Certified Security - Specialty)。

このブログの読者の中で、フィリピンでAWS認定資格を受けたことがある方はかなり少ないと思います。そこで、本エントリではマニラの試験会場が日本と比べてどうだったのかという点についてご紹介したいと思います。

どこで受けてきたの?

マニラはマカティ市にあるMISNet Education, Inc.という会社が提供している試験会場で受けてきました。建物の名前はAntel Corporate Centreと呼ぶようです。

建物は以下のような感じで、普通にきれいでした。すぐ隣にミニストップがあるのでそれが目印になると思います。

マニラは渋滞のひどさで有名です。実際、私も会場に向かう際に渋滞にハマってしまいました。この点で日本と同じ感覚でいると、最悪試験時間に間に合わない→試験受けられずといったことになるで、十分時間に余裕を持って会場に向かうことをおすすめします。

建物の周りにはスターバックスを始めとしてたくさんのカフェがあります。早く来すぎてもそこで時間を潰すことはできるので、余裕を持っていきましょう!

試験会場はどんな感じだった?

試験会場の写真です。この建物の22階にあります。

試験会場での流れは日本とほぼ同じです。顔写真付きの証明書とクレジットカードなど名前入りのものを提出、ロッカーに荷物を入れ、試験中は私物を持ち込めないといった感じです。

設備についても日本と全く変わりません。AWS認定試験あるあるとして、試験中にコンピュータが止まる→係員に直してもらうといったことがあるのですが、そういったことは全くありませんでした。なんとなくフィリピンならありそうかと思ってた(偏見)。普通に動きます。コンピュータ、デスク、椅子すべて日本と遜色ありません。

ただし、日本と大きく違う点が1つだけあります。それは 部屋のエアコンが強すぎて寒い という点です。フィリピンの場合、これはもうどこでも基本そうなので仕方ないですね…。フィリピンでAWS試験受ける場合は(みなさんの中にいるのか分かりませんが)上から羽織るものを持っていくことを強くおすすめします。私は忘れてしまって試験より寒さの方が気になってあまり集中できませんでした…。

まとめ

いかがだったでしょうか。

フィリピンはマニラでAWS認定資格を受験した話を記載しました。今回マニラで受験してきましたが、AWSの資格試験ページから検索するとセブとバギオにも試験会場があるようです(執筆時点)。

これで AWS大好きな皆さんも安心してフィリピンに移住できますね !お待ちしてます!

本エントリがみなさんの参考になれば幸いに思います。

東南アジア地域でのキャリア形成に興味はありませんか?

私は現在1人で現地に滞在していますが、できれば同じく東南アジア地域に興味のある仲間と一緒に働きたいと思ってます。フィリピンを始めとした東南アジア地域でのキャリア形成に興味がある方はいませんか?今回私はリモートワークというある種「裏技」的な方法で現地に暮らしていますが、同じ志を持った仲間と仕事をしたいというのが本音です。

クラスメソッドには複数人同じ地域に居住している社員がいるとオフィスを作るという伝統があります。人が集まることで可能な活動範囲が広がります。単に海外で日本の仕事をするのではなく、自立した組織・チームとして仕事ができる可能性があります。

現在弊社では複数の職種で人材を募集しています。

また、頻繁に会社説明会を開催しています。少しでも興味を持っていただいたらぜひ参加していただければと思います。