LINE Scoreに自分の点数を付けられてみたわけだが

スコアリングサービス「LINE Score」がリリースされました。LINEが年次カンファレンス「LINE CONFERENCE 2019」にて発表したこのサービスは、独自のスコアリングから1000点満点で自分の点数がつき、それに応じたサービスや優待が受けられるというサービスです。発表内容によれば、スコアリングといえど値付けではなく「日常をちょっと豊かに」するものだという説明です。ちょっと豊かになりたい。試してみます。

LINE ScoreはスマホのLINE上にメニューがあります。こちら。

タップすると規約やプライバリーポリシーへの同意が求められ、それをクリアすると、なんといきなり点数が出てきます。

えっこれ1000点満点ですよね?少ない!自分の価値……しかし、画面のガイドに従う形でアプリからの質問に答えるとします。質問内容は自分のプロフィールやTHE個人情報に関する計15問です。質問内容をいくつか例示するとこんな感じ。割とグイグイくる。

  • 生年月日を教えてください
  • ご結婚はされていますか?
  • お住まいの住居タイプについて教えてください
  • 現在の勤務体系を教えてください
  • 保険証種別について教えてください

こういう質問が画面いっぱいに現れると「おう……」とちょっと我が身を振り返ったりしますね。自分はいま幸せだと実感できていれば、それでいいんだと信じて明日へと向かっていきます。

とびっきりの15問を乗り越えた先に点数が出ました。

500点超えた!これけっこう高そうなんですがどうでしょう!(ミライナタワー方面を見ながら)

LINEの出澤剛社長はカンファレンスの舞台でデモンストレーションしてみせた結果555点だったので、まさかの高得点に気分がいいです。さあいろんな優遇よ!と待ち構えます。調べていくと、このスコアに応じてLINE Payのポイント還元率が上がるそう!

もはやランチのときなどもQRコード決済することが多くなっている現状。あまりにも素晴らしすぎる特典ではないでしょうか。さてその基準は?

●ポイント付与率
・グリーン(スコア726~1,000):お支払いのたびに2%還元 / さらにコード支払い時+3%還元
・ブルー(スコア626~725):お支払いのたびに1%還元 / さらにコード支払い時+3%還元
※スコアが625以下の方はランクアップの適用外となります。

●マイカラー判定基準
・毎月1日に更新されるスコアを基準に、当日午前10時にマイカラーを判定。

626から…道のりはなかなか険しいですね。ポイントはLINEアカウントの本人確認で+20点、LINE家計簿の利用で+20点などサービスを利用することでゲットできる方法があるそうなので一通り使ってみたいと思います。LINE Scoreで受けられる特典対象サービスは現状以下の通り。極めたい!

LINEはプレスリリースでスコア算出方法について以下のようにアナウンスしています。

「LINE Score」は、AIを活用したLINE独自のスコアリングモデルを活用しており、国内月間利用者8000万人を超える「LINE」のユーザーであれば、コミュニケーションアプリ「LINE」上の「LINEウォレット」から、どなたでもご利用可能なサービスです。「LINE Score」では、ユーザーごとのスコアの値によって最適なキャンペーンや特典などのベネフィットをご提供いたします。

また、「LINE」およびLINEファミリーサービスの利用状況をはじめとするLINEプラットフォーム上での行動傾向データや、ご利用前に回答いただく追加情報をもとにAIを活用し、みずほ銀行およびオリコが有する様々なノウハウも加味して、総合的に算出いたします。また、この度「LINE Score」の提供にあたり、オンラインの金融サービスにフィットした独自のスコアリングプラットフォームを構築しております。

新しい信用のあり方といいますか、いやすごい時代が訪れたものです。私はとりあえずまっとうに生きるなどしてスコアアップを目指していきたいと思います。