Ansibleのretryファイル作成の無効化

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

渡辺です。 今日はAnsibleのretryファイルに関する小ネタです。

実行失敗時に作成されるretryファイル

Ansibleでは、実行失敗時に、失敗したホスト情報などを記述したretryファイルを出力します。 このファイルをオプションに設定することで、リトライ時に実行するホストを制限できます。 しかし、使う機会はあまりなく、同じPlaybookで多くのホストを対象とするような場合に限定されるというのが実情です。 このretryファイルはansible.cfgのオプション設定で抑制できます。

retry_files_enabled

retry_files_enabledオプションはretryファイルの作成を制御します。 Falseに設定することで、retryファイルが作成されません。

[defaults]
retry_files_enabled = False

retry_files_save_path

retryファイルはデフォルトではAnsibleの実行ディレクトリに作成されます。 (以前はユーザのホームディレクトリに作成されてカオスでしたorz)。 実行ディレクトリに作成されると、これはこれで邪魔です。 変更するには、retry_files_save_pathオプションを設定します。

[defaults]
retry_files_save_path = ~/.ansible/retry-files

まとめ

基本的にはretry_files_enabledFalseに設定し、必要に応じて各Playbookで有効にする方が良いでしょう。