MongoDB 読み取り専用GUIツール:MongoDB Compass Readonly Edition を使ってみた

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、菊池です。

MongoDBのデータを簡単に表示・操作できるGUIツール、MongoDB Compassを以前紹介しました。

MongoDBのGUI CRUDツール:MongoDB Compassを使ってみた

この、MongoDB Compass に、読み取りオペレーション専用のReadonly Editionが登場していましたので使ってみました。

MongoDB Compass Readonly Edition

MongoDB Compass Readonly Editionは、Compassのバージョン 1.12 から登場したエディションです。通常のMongoDB Compassと比較して、以下の操作に制限があります。

  • 許可されないオペレーション
    • データベースの作成・削除
    • コレクションの作成・削除
    • ドキュメントの作成・削除・編集・複製
    • インデックスの作成・削除
    • ドキュメントバリデーションルールの作成・削除

Release Notes | MongoDB Compass Documentation

ダウンロードとインストール

MongoDBの公式ページからバイナリをダウンロードすることができます。mac、Windows、RHEL、Ubuntuのバイナリが用意されています。

MongoDB Download Center

バージョン、プラットフォームを選択し、ダウンロードを選びます。メールアドレスなどの入力を求められますので、必要事項を入力し、規約に同意するとインストーラがダウンロードできます。

※ Readonly Editionはサブスクリプションの範囲で利用することができます。

起動と接続

早速、MongoDB Compassを起動してみます。

プライバシー設定です。デフォルトでは匿名化されたフィードバック情報等が送信されますので、気になる場合はチェックを外しましょう。

 

起動しました。mongodが実行されているホストに接続します。ホスト名/IP、SSL設定の有無などを入力し、接続。

接続できました。この時点で、接続したMongoDB内のデータベース、コレクションの情報が取得されます。

コレクションを選択すると、保持しているドキュメントが表示されます。

通常のCompassと異なるのは、オペレーションにfind(参照)のみが実行可能な点です。接続したユーザの権限によらず、参照クエリのみが実行できます。

データの更新があった場合には、リロードを行うことで表示が更新されます。

まとめ

MongoDBのGUIツールである、MongoDB CompassのReadonly Editionを紹介しました。

Compass自体、直感的なGUIで、非常に簡単にMongoDBの操作が可能です。Readonly Editionを使うことで、エンジニアではない利用者でも安全に、データや統計的な情報を簡単に参照できますので、積極的に使っていくことをおすすめできるツールです。