【実践FuelPHP】XAMPPにFuelPHPを導入する

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

 お約束的なところから

まずは、誰でも始められるところからというわけで、マルチプラットフォーム環境で簡単にApache+php+mysql(+perl)+その他便利ツールが導入できるXAMPPに対して、FuelPHPを使えるようにするという便利手順を覚書として。

1.FuelPHPヲダウンロードする

英語の公式サイトにとりあえず飛ぶと、いきなりDownload v~~っていうボタンがあります。ここをクリックするだけでダウンロードされます。迷わず最新版使ってください。

fuelphp-top

ダウンロードしたファイルを解凍すると、fuel、publicといったフォルダと、oilというファイルがあります。このファイルが重要なので、このファイルをxampp配下にfuelphpという名前で移動します。

ここは個人のポリシーで構いません。

ブラウザからFuelPHPを見れるようにする

VirtualHostの設定を行い、FuelPHPを見れるようにします。見れるようにするファイルは、publicフォルダのみです。
vhostの設定ファイルは、xamppのapacheだと下記の位置に設定します。

C:\xampp\apache\conf\extra\vhosts

に、fuelphp.confというファイルを新規作成し、下記のように設定します。

[XML] <VirtualHost *:80> ServerName fuelphp.local DocumentRoot "C:\xampp\fuelphp\public" <Directory "C:\xampp\fuelphp\public"> Order allow,deny Allow from all </Directory> </VirtualHost> [/XML]

 特に問題なければ、hostsファイルで、fuelphp.localを127.0.0.1へ向ける設定をしてください。XAMPPのApacheを再起動し、ブラウザからhttp://fuelphp.local/をアクセスすると、FuelPHPのWelcomeページが表示されます。これでインストールは終了、簡単です。

welcome