急いで学ぶGo lang#2 IntelliJ IDEAでGo開発

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

IntelliJ IDEAをGo開発に使う

私が最近Eclipseに代わってよく使っているIDE、IntelliJ IDEA。
pluginでいろいろな言語に対応可能になり、Goの実装も可能になってます。
今回はIntelliJ IDEA 14 Community Editionにgolang pluginを入れて使ってみます。

動作環境

今回使用した動作環境は以下のとおりです。

  • OS : MacOS X 10.9.4
  • Go : 1.4.1
  • IDE : IntelliJ IDEA 14 CE

ここを参考に、GOPATHとGOROOTは設定しておいてください。

IDEAでプラグインの設定

IntelliJ IDEA 14 CEをセットアップ

ここからIntelliJ IDEA 14 Community Editionをダウンロードします。
Macならそのままdmgを実行すればインストールできます。

golang pluginをインストール

通常のプラグインであれば、Preferences->pluginsでGO language support plugin(現在の最新版は0.9.15)を
インストールすればいいのですが、IntteliJ 14だとうまく動きません。(Go SDKの指定ができない)
そのため、ここから0.9.16-alpha.9のjarをダウンロードします。
そして、Preferences->plugins->Install plugin from diskでダウンロードしたjarを選択します。

Goプロジェクトを作成

プラグインをインストールしたらIntteliJを再起動して、File->New ProjectでGoプロジェクトを作成しましょう。
Goプロジェクトを作成したら、File->Project Structureを選択し、前回設定した$GOROOTのパスを指定します。

pstructure

Go SDKを設定してた後であれば、golang plugnを0.9.15に戻しても問題ないようです。
0.9.16はCPU使用率がはねるようなので、SDKを設定したら0.9.15に戻したほうがいいかもしれません。
参考:Go の開発環境は IntelliJ IDEA + golang plugin がマトモだった

プロジェクトでmain.goファイルを作成し、下記のようなコードを入力してみましょう。

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Println("hello world")
}

ちゃんとシンタックスチェックや補完機能も聞いています。

goide

もちろん、Runメニューを選択すれば、IDE上でプログラムの動作を確認可能です。
まだDebugの機能はありませんが、今後が大いに期待できるpluginだと思います。

参考サイトなど