iOS 証明書 & Provisioning Profile & Apple Developer Program の更新をやったメモ(1年ぶりn回目)

1年に1回やる作業ですが、「あれ? どうやるんだっけ?」と毎回なるので、ブログ化してみました。

  • Apple Developer Program
  • iOS 証明書
  • Provisioning Profile

目次

Apple Developer Program の更新

Apple Developerにアクセスしてログインします。

すると、あとxx日で期限だよと表示されているので、「Renew Membership」を選択します。

Apple Developer Programeの期限が近い

そのまま支払いまで完了させます。

iOS 証明書の更新

iOSビルドを行うMacで作業します。

証明書のリクエストファイルを作成する

キーチェーンアクセス.appを起動します。

キーチェーンアクセスを起動する

メニューから下記を選択します。

  • 「キーチェーンアクセス」 --> 「証明書アシスタント」 --> 「証明局に証明書を要求」

「証明局に証明書を要求」を選択する

各項目を入力します。

項目 内容
メールアドレス Apple Developer Programに登録したメールアドレス
通称 適当に入力
CAのメールアドレス 空白でOK
要求の処理 ディスクに保存
鍵ペア情報を指定 チェックを入れる

必要事項を入力する

適当に保存します。

デスクトップに保存する

下記を確認して続けます。

項目 内容
鍵のサイズ 2048ビット
アルゴリズム RSA

無事にできました!

保存成功

Certificates, Identifiers & Profiles 管理サイトに行く

Apple Developerにアクセスしてログインします。

その後、「Certificates, Identifiers & Profiles」を選択します。

証明書の作成(開発用)

「Certificates」の右側にある矢印を選択します。

Certificatesの追加

続いて、「iOS App Development」を選択して進みます。

iOS App Developmentを選択する

先ほど作成して保存した「証明書のリクエストファイル」を選択して進みます。

ファイルをアップロードする

証明書が作成されたので、ダウンロードします。

証明書をダウンロードする

証明書の作成(配布用)

同様の手順で作成します。

途中で「iOS Distribution (App Store and Ad Hoc)」を選択すればOKです。

iOS Distribution (App Store and Ad Hoc)を選択する

証明書の反映

ダウンロードした証明書をそれぞれ実行し、キーチェーンアクセスに反映させます。

ダウンロードした証明書を反映させる

キーチェーンアクセスに登録する

念のため、キーチェーンアクセスで確認します。

有効期限が1年後の証明書が追加されていますね!!!

証明書が登録されました!

Provisioning Profile の更新

更新するProfileを選択します。

Profileを選択する

「Edit」を選択します。

Editを選択する

「Certificates」が選べるようになっているので、さきほど作成した証明書を選択し、Saveします。

新しい証明書を選択する

期限が更新されてますね!

この作業は、更新したいProfileすべてで行ってください。

Profile全てが更新されました

Provisioning Profile のダウンロード

個別にダウンロードはめんどくさいので、Xcodeを利用して一括ダウンロードします。

Xcodeを起動し、「Preference」を選択します。

XcodeのPreferenceを選択する

「Accounts」タブの「Download Manual Profiles」を選択してダウンロードします。

Download Manual Profilesを選択する

古い証明書の削除

古い証明書は削除しておきましょう。

古い証明書を削除

さいごに

ブログ化する過程でバッチリ覚えた気がします。

これで来年も大丈夫ですね!!!(フラグ)

参考