[Xcode 9.3][新機能] 新しいプロビジョニングプロファイル用のQuick Look プレビュージェネレーターが提供されました

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

こんにちは!モバイルアプリサービス部の加藤です。

今回もXcode 9.3の新機能の1つをご紹介します。 以下、リリースノートのProvisioningの新機能からの引用です。

Xcode provides a new quick look preview generator for provisioning profiles. The preview includes the app identifier, expiration date, certificates, device identifiers, and entitlements encoded within the profile. (37042581)

新しいプロビジョニングプロファイル用のQuick Look プレビュージェネレーターが提供された...?

検証環境

本エントリは以下の環境で検証を行っています。

  • macOS High Sierra バージョン 10.13.3
  • Xcode Version 9.3 (9E145)

試してみた

ということでXcode 9.3が入っている状態でプロビジョニングプロファイルをQuick Lookで表示してみました。

結果はこちら。 まずこちらはApp IDや有効期限。

証明書も表示されます。

デバイスのIDも表示されるようになりました( ´◡` )

おわりに

これまでプロビジョニングプロファイルの詳細(デバイスIDなど)をわかりやすく表示するにはProvisionQLを使う方法がありましたが、今後はXcodeだけあれば良さそうですね。

参考資料