[毎日Kotlin] Day34. Properties

はじめに

毎日Kotlinシリーズです。

このシリーズを初めての方はこちらです。「毎日Kotlin」はじめました | Developers.IO

問題

今日から新章突入!

Properties | Try Kotlin

Read about properties in Kotlin.

Add a custom setter to PropertyExample.propertyWithCounter so that the counter property is incremented every time propertyWithCounter is assigned to.

class PropertyExample() {
    var counter = 0
    var propertyWithCounter: Int? = null
        set
}

狙い

ここで考えて欲しい問題の意図はなんだろうか?

Kotlinでは、getter,setterが勝手に作られます。カスタマイズしたいときが多々あります。今回はsetterをカスタマイズしてみましょう。

解答例

class PropertyExample() {
    var counter = 0
    var propertyWithCounter: Int? = null
        set(v: Int?) {
            field = v
            counter++
        }
}

getter/setterの詳しい資料はこちらを参照。

Properties and Fields: Getters, Setters, const, lateinit - Kotlin Programming Language

気をつけておきたいのは、setterです。

setterの場合は、セットされた値が引数で取得できますが、(今回の場合はset(v: Int?))このままでは、propertyWithCounterに保存されません。保存が必要な場合はfield = vのようにfiledに保存したい値をセットしないといけません。filedはその変数自身のことを指しています。無限ループにならないように、filedにセットしても再度setterが呼ばれることはありません。

上記をJavaに戻してみると


public final class PropertyExample {
   private int counter;
   @Nullable
   private Integer propertyWithCounter;

   public final int getCounter() {
      return this.counter;
   }

   public final void setCounter(int var1) {
      this.counter = var1;
   }

   @Nullable
   public final Integer getPropertyWithCounter() {
      return this.propertyWithCounter;
   }

   public final void setPropertyWithCounter(@Nullable Integer v) {
      this.propertyWithCounter = v;
      int var2 = this.counter++;
   }
}

setter部分が以下のようになっていますね。

public final void setPropertyWithCounter(@Nullable Integer v) {
      this.propertyWithCounter = v;
      int var2 = this.counter++;
}   

this.propertyWithCounterのところがfiledに相当しています。

あとがき

Day35.でまたお会いしましょう。