[tvOS 10] tvOS の新機能について

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

What's New in tvOS

Apple TV も tvOS 10 がリリースされ、新しい機能が追加されました。
WWDC 2016 で発表されたその内容についてご紹介したいと思います。

それほど多くはありませんでしたが、以下のような機能が追加となっています。

  • Universal Purchase, Auto Download
  • New Apple TV Remote app
  • Push Notifications
  • New System Appearance

Universal Purchase, Auto Download

iOS でアプリをダウンロードした場合、自動で tvOS にもダウンロードされるようになりました。(アカウントが同一の場合)
よって iOS でダウンロードしたアプリを tvOS でも遊べるようにするために、Apple TV の App Store から手動でダウンロードする手間がなくなります。

New Apple TV Remote app

Apple TV Remote

Apple TV 用のリモコンアプリが iOS でダウンロードできるようになりました。
これを利用すれば iPhone で Apple TV を操作できるようになります。
Siri Remote は小さいため見失いがちですが、そんな時は iPhone から操作すれば大丈夫ですね。

1

ゲームパッドに対応しているアプリを起動すると、リモコン画面上部にアイコンが表示されます。
これをタップすることで横向きのコントローラーとして利用することも可能です。

2 3

Push Notifications

tvOS 10 から プッシュ通知 がサポートされるようになりました。
通知が配信された場合はアプリアイコンの右上にバッジが付くようになります。

New System Appearance

システムの外観に Dark が追加されました。(これまでは Light だけ)
どのような見た目なのか、どうやって設定するのかをサンプルアプリを通して説明します。
(発表内容の約半分がこの機能に関する説明でした)

Light

4

Dark

5

Dark はこのような見た目になります。
UILabel に関しては文字色が自動で変わります。
また、シミュレータ上では command + shift + d のショートカットで Light と Dark を切り替えることができます。

設定方法(ユーザー目線)

ユーザーがアピアランスを切り替えるには、設定アプリから「一般」→「アピアランス」を選択します。

6 7 8

設定方法(開発者目線)

アプリをどのアピアランスに対応させるかは Info.plist で設定することができます。

9

Automatic だと AppleTV の設定に従い、それ以外だと AppleTV の設定は無視して、そのアピアランスを維持します。

Storyboard での確認

Storyboard 上でもそれぞれのアピアランスでの表示を確認することができます。

10 11

特定のアピアランスで表示を変える

それぞれのアピアランスにおいてコンポーネントのカラーやフォントを指定することも可能です。

12 13 14

これはソースコードからも指定可能です。
以下の様なコードでそれぞれのカラーを指定できます。

class ViewController: UIViewController {

    @IBOutlet weak var label: UILabel!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        let light = UITraitCollection(userInterfaceStyle: .light)
        UILabel.appearance(for: light).backgroundColor = UIColor.yellow

        let dark = UITraitCollection(userInterfaceStyle: .dark)
        UILabel.appearance(for: dark).backgroundColor = UIColor.green
    }
}

15 16

最後に

Apple TV Remote の登場は個人的には嬉しいです。
ただ、少し試してみたのですが iPhone を取ってリモコンアプリを起動してというのは若干手間が多いので、やはり Siri Remote を使ってしまいますね。
Siri Remote が見つからない時に使う、という用途になりそうです。

アピアランスの Dark はどのように見た目が変わるか、これから色々なアプリを利用して試してみようと思います。

リンク

ミレニアム・ファルコン製作日記 #32

32 号 表紙

mfd_32_1

パーツ

mfd_32_2

mfd_32_3

mfd_32_4

成果

mfd_32_5

今回の作業は以下の 1 つでした。

  • 推力偏向板を仮組みする

ミレニアム・ファルコン後部にある亜光速エンジンの上下に連なる推力偏向板です。
26 枚もあるらしく、最初の 4 枚を仮組みしました。
今回のパーツは全て船体底面用だそうです。

これから徐々に船体表面の組み立てが始まるのでしょうか?
楽しみです。

それではまた次回。

May the Force be with you!