遂にXamarin無料! Xamarin Studio for MacでiOS/Androidを書いてみた。

256件のシェア(すこし話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

1 はじめに

Xamarinは、これまで、10万円以上の年間ライセンスで販売されていました。(iOSとAndroidの両方のライセンスを取得するには、年間20万円以上)

しかし、先日、マイクロソフトによってXamarinは買収の発表があり、にわかに予想されていましたが、遂に、無料でVisual Studioの追加機能にすると「Build 2016」で発表されました。

[速報]Visual Studioに無料でXamarinが追加。無料のCommunity EditionでもiOS/Androidネイティブアプリが開発可能に。Build 2016

また、Mac対応のXamarin Studioも、Xamarin Studio Community Editionとして個人や小規模の開発チームに無料で提供されることになりました。

早速ですが、個人として、このMac版Xamarin Studioを試してみました。

2 セットアップ

すでに、ストアは、FREEになってます。
Build C# apps on Android, iOS, Windows, and Mac with Xamarin.

001

002

003

ライセンス条項は、まだ、ちゃんと読みきれてません ^^;)

004

全部のプロダクトをチェックします。(Xamarin.Macもあるのですね・・・)

005

ディスク使用量は、400Mぐらいです。

006

007

Android SDKの使用許諾契約(「使用許諾契約」)です。

008

009

010

「Launch Xamarin Studio」をクリックすると・・・Xamarin Studioが起動されます。

011

3 Xamarin.Formsアプリの作成

メニューから「ファイル」ー「新規」ー「ソリューション」とたどると次のダイアログが表示されます。 ここで、Xamarin.Forms Appを選択しました。

012

アプリ名と組織名を入力します。

なお、ターゲットは、 せっかくなのでAndroidとiOSの両方とし、PCL(Portable Class Library)を選択しました。 013

デフォルトで、プロジェクトは、ホームの下のProjectsに作成されるようです。(変更可能です) GitとTestは、また、次回ということで、「作成」ボタンを押しました。

014

作成されたプロジェクトは、次のような感じです。 Xamarin.Formsのバージョンは、2.1.0.6529、Sample.csは、いつもの通りです。 初めて、触る方は、「画面作成のUIが無いのか!」って思われるかも知れませんが、現状、Formsには、無いのです!

015

ちょっと、表示するテキストだけイジって、Buildしすると、iOSのシュミレータで実行されることを確認できます。

016

続いて、Android側のプロジェクトを「スタートアッププロジェクトとして設定」して、Buildします。

017

Android SDK をインストールした際の、最初の状態である、AP_15で実行されていることを確認できます。

018

今頃ですが・・・コードは、下記だけです。 これで、Android、iOSに両方分です。

using System;
using Xamarin.Forms;

namespace SampleApp{
    public class App : Application{
        public App (){
            MainPage = new ContentPage {
                Content = new StackLayout {
                    VerticalOptions = LayoutOptions.Center,
                    Children = {
                        new Label {
                            XAlign = TextAlignment.Center,
                            Text = "Developers.IO"
                        }
                    }
                }
            };
        }
    }
}

4 最後に

今回は、無料となったXamarin Studio for Macを簡単に触ってみました。

既に、ライセンスを取得して利用されていた方にとっては、全く何も変わってないのですが・・・ちょっと高額であったことから、今まで躊躇されていた方にとっては、1つのコードで、2つのプラットフォーム(VisualStudioでやれば、WindowsPhoneも)が動いてしまうXamarin.Formsは、刺激的な内容ではないでしょうか。

密かに、ここDevelopers.IOでのXamarin記事もPVが増えるのでは!と期待してます。^^)
[Developers.IO] Xamarin – シリーズ –
Xamarin 記事一覧 - SIN@SAPPOROWORKSの覚書 <= こちらは、ステマ

5 参考資料


[速報]Visual Studioに無料でXamarinが追加。無料のCommunity EditionでもiOS/Androidネイティブアプリが開発可能に。Build 2016
https://developer.xamarin.com/
Xamarin Studio for Macで.NETプログラム(C#)を書いてみた。