Facebook V2.1 API をアプリアクセストークンで利用してみた

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

AWSチームの鈴木です。

Facebookが提供するv1.0のAPI、2015年にサポートが終了し、 2016年8月、v1.0のAPIを利用したFacebookシェア数の取得が不能になりました。

v2.1のAPIの利用方法と、その実行に必要なアクセストークンの作成方法について 確認する機会がありましたので、紹介させていただきます。

Facebook 新旧APIの実行サンプル

  • Facebookのシェア数を取得しています
  • 対象URLは「https://dev.classmethod.jp/」

v1.0

  • サポート期限、2015年4月30日まで。
  • 2016年8月現在、v2.1 以降のAPI利用が求められる様になりました。

2016年8月以降

$ curl http://api.facebook.com/method/fql.query?format=json&query=select%20like_count,%20share_count%20from%20link_stat%20where%20url=%22https://dev.classmethod.jp/%22 > /dev/null 
{
  "error_code": 12,
  "error_msg": "REST API is deprecated for versions v2.1 and higher (12)",
  "request_args": [
    {
      "key": "method",
      "value": "fql.query"
    },
    {
      "key": "format",
      "value": "json"
    }
  ]
}

2016年8月以前

[
  {
    like_count: 0,
    share_count: 637
  }
]

v2.0

  • 2016年8月現在、HTTPでトークンなしでの利用が可能、実行結果はv2.7と同一の結果が得られます。
  • v2.0のサポートは2016年8月7日までとされています
$ curl http://graph.facebook.com/v2.0/?id=https://dev.classmethod.jp/
{
  "og_object": {
    "id": "xxxxxxxxxxxxxxxxx",
    "description": "AWS/iOS技術者の必読メディア:クラスメソッド株式会社ブログ",
    "title": "Developers.IO",
    "type": "website",
    "updated_time": "2016-07-25T15:15:07+0000"
  },
  "share": {
    "comment_count": 0,
    "share_count": 637
  },
  "id": "https://dev.classmethod.jp/"
}

v2.1〜2.7

  • v2.1 以降のAPI利用には、アクセストークンが必須となりました
  • トークン情報を保護するため、HTTPSの利用が必須となりました。
  • 2016年8月現在、最新のAPIバージョンはV2.7となります。
$ curl "https://graph.facebook.com/v2.7/?access_token=********&id=https://dev.classmethod.jp/"
{
  "og_object": {
    "id": "xxxxxxxxxxxxxxxxx",
    "description": "AWS/iOS技術者の必読メディア:クラスメソッド株式会社ブログ",
    "title": "Developers.IO",
    "type": "website",
    "updated_time": "2016-07-25T15:15:07+0000"
  },
  "share": {
    "comment_count": 0,
    "share_count": 637
  },
  "id": "https://dev.classmethod.jp/"
}

Facebook トークン入手

Facebook API V2.1以降の利用に必要となるトークンは3種類、存在します。

  • ユーザーアクセストークン
  • アプリアクセストークン
  • ページアクセストークン

アクセストークン

Facebookシェア数の取得に利用したAPIは、アプリアクセストークンでの利用が可能でした。

アプリアクセストークンは、利用可能なAPIがFacebookアプリの設定変更などに限定されますが、ユーザアクセストークン、ページアクセストークンと比較して簡単な手順の発行が可能です。

また、ユーザアクセストークン、ページアクセストークンは60日以上有効なトークンを発行する事ができませんが、 アプリアクセストークンはFacebookアプリの削除や「app secret」を変更しない限り、発行したトークンを継続的に利用することが可能です。

アプリ作成

facebook for developersを利用して、Facebookアプリを作成します。

参考リンク

Facebookアプリの作成は、下記ブログで「クライアントの登録」として紹介されています

Facebook APIを使って、コマンドラインから JSON形式のデータを取得してみる

アプリID、app secret の確認

作成したアプリの「App ID」、「app secret」の値を確認します。 「app secret」の取り扱いにはご注意ください。

アクセストークンの動作確認

「App ID」と「app secret」は、「|」(パイプ)で結合させる事で、 アプリアクセストークンとして利用することも可能です。

シェア数取得APIの動作を確認します

AP_ID='000000000000000'
AP_SECRET='################################'

AP_TOKEN="${AP_ID}|${AP_SECRET}"
#echo ${AP_TOKEN}

get_id (){
  curl -X GET "https://graph.facebook.com/v2.1/?id=https://dev.classmethod.jp/&access_token=${AP_TOKEN}"
} 

get_id | jq .
{
  "og_object": {
    "id": "xxxxxxxxxxxxxxxxx",
    "description": "AWS/iOS技術者の必読メディア:クラスメソッド株式会社ブログ",
    "title": "Developers.IO",
    "type": "website",
    "updated_time": "2016-07-25T15:15:07+0000"
  },
  "share": {
    "comment_count": 0,
    "share_count": 637
  },
  "id": "https://dev.classmethod.jp/"
}

アプリアクセストークン の発行

アプリアクセストークンを発行する事で、「app secret」なしでAPIを実行する事も可能です。

AP_ID='000000000000000'
AP_SECRET='################################'

get_ap_token (){
  curl -q -X GET "https://graph.facebook.com/oauth/access_token?client_id=${AP_ID}&client_secret=${AP_SECRET}&grant_type=client_credentials" | cut -f 2 -d =
}

get_ap_token
AP_TOKEN=`get_ap_token`
#echo ${AP_TOKEN}

get_id (){
  curl -X GET "https://graph.facebook.com/v2.1/?id=https://dev.classmethod.jp/&access_token=${AP_TOKEN}"
} 
get_id | jq .
{
  "og_object": {
    "id": "xxxxxxxxxxxxxxxxx",
    "description": "AWS/iOS技術者の必読メディア:クラスメソッド株式会社ブログ",
    "title": "Developers.IO",
    "type": "website",
    "updated_time": "2016-07-25T15:15:07+0000"
  },
  "share": {
    "comment_count": 0,
    "share_count": 637
  },
  "id": "https://dev.classmethod.jp/"
}

まとめ

セキュリティ確保のため、認証必須となったFacebook APIですが、シェア数の参照は アプリアクセストークンを利用することで簡単に実施出来ることが確認できました。

Facebook API、アプリバージョンパスを指定しない場合、最も古い有効バージョンが利用される仕様です。 現在v2.0のAPIが利用できる模様ですが、v2.0の提供終了に備えアップデートの準備をご検討ください。

参考情報

Facebook APIのバージョンと利用期限

Facebookプラットフォーム更新履歴 より

バージョン パス リリース日 使用期限
v1.0 /{object} 2010年4月21日 2015年4月30日以降は利用不可
v2.0 /v2.0/{object} 2014年4月30日 2016年8月7日
v2.1 /v2.1/{object} 2014年8月7日 2016年10月30日
v2.2 /v2.2/{object} 2014年10月30日 2017年3月25日
v2.3 /v2.3/{object} 2015年3月25日 2017年7月8日
v2.4 /v2.4/{object} 2015年7月8日 2017年10月7日
v2.5 /v2.5/{object} 2015年10月7日 2018年4月12日
v2.6 /v2.6/{object} 2016年4月12日 2018年7月13日
v2.7 /v2.7/{object} 2016年7月13日 2018年7月(延長の可能性あり)