(速報レポート) ソラコム Developers Conference ♯0:「SORACOM」新機能発表! #soracom

218件のシェア(すこし話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

今日はソラコム Developers Conference ♯0に参加しています!会場は渋谷のdots.さんです。

IMG_3222

会場では様々なIoTデバイスが展示されていました。

IMG_3224

本記事は速報として"「SORACOM」新機能発表!"セッションについてレポート致します。

IMG_3225

レポート

最初の登壇はソラコムCEOの玉川さん。

IMG_3226

・2015年9月30日にプログラマブルなIoTプラットフォームSORACOM発表。
・同時にAir、Beam発表。
・おかげで日経ITpro Expo Awardをいただいた。
・ソーシャルでも話題になった。
・SORACOM Airはたくさんの人に使って頂いている。
 ・SIMを挿してもらえればWeb上、API上でSIMを管理できる。
・機能リリース後、即時に機能拡張している。
 ・直販サイトで10枚から購入可能に。すぐ10枚買った人がいた。
・某ブログ会社のまとめサイト。直販とAmazon経由で比較してもらった。

・突然ですがウルトラクイズ。SIMの状態を休止中にすると、基本料金は1日5円になる?
 ・答えはならない。使い始めは5円、通信が始まると10円になり、休止中も基本料金は10円。
・第2問。データ通信のみのSIMもSMS付のSIMも同じ基本料金?
 ・答えは違う。SMS付きは1日15円。
・2016/1/27、SORACOM Summit開催します!ウルトラクイズも?

・SORACOM Air、アマゾンで買えます。このイベント中はBuy1、Get1 Free!
 ・さらにレビューを書いてくれたら1枚進呈!

・USBドングルが急に大人気。ラズパイに刺して遊べる。Amazonで売っている。本日特価\5,000。

・本日新しい機能を発表します!
 ・カスタムDNS機能。Airを挿したデバイスに独自のDNSが設定できる。
  ・詳しくはCTO安川から。

・CTOの安川さん登壇。

IMG_3227

・これを使うと結構面白いものが出来る。
・設定できる項目に、端末が参照するDNSアドレスが設定できる。
・Groupごとに異なるDNSサーバを設定可能。
・デモ。Soracomコンソールのグループで、カスタムDNSを有効にする、という設定が増えている。
 ・DNSサーバを2つまで設定可能。
 ・AndroidにUSB接続し確認したところ。

IMG_3228

・カスタムDNSの使いどころ。
 ・DNSのQueryLogを取得したい。デバイスの正常稼働の確認、不正利用などの検知。
 ・プライベートDNSを使いたい。
 ・Dynamic DNSを使いたい。
 ・DNSを使ったフィルタリング。アクセス先を限定、悪質なサーバへの接続を回避。
 ・DNSの応答を変えて接続先を切り替え。
 ・フリーWi-Fiなどのようにユーザー認証用ポータルへの誘導。
  ・未認証ユーザは未認証グループに所属させ、認証用ポータルのIPアドレスしか返さない。
  ・認証したら認証済みグループに変更し、外部の名前解決を可能にする。

・注意点。
 ・すでに接続済みのセッションには反映されない。
 ・一度切断する必要がある。端末側操作か、API操作か。

・料金。
 ・カスタムDNS機能は1SIMカードあたり、1日3円追加。
 ・安いので是非活用してほしい。
 ・10月中は無料。いろいろ試して欲しい。

・CEOの玉川さん再登壇。

・是非カスタムDNSを試して欲しい。
・One more thing!
・re:Inventで非常に興味深い機能が出た。AWS IoT。
 ・AWS IoTがリリースされ、奥さんにすごく心配された。
 ・安心してください、被ってません。

・SORACOM AirはAWS IoTに直結できるモバイル通信。簡単に接続できる。
・でも、もっと良い接続ができるはずだ。
・SORACOM Beam。
 ・SORACOMから先のインターネット上のサービスへの接続するときに、SORACOMで暗号化する。
・AWS IoTのThingsの仕組み。
 ・クライアント証明書をモノ1つ1つに入れる必要がある。
 ・しかし、全てのデバイスがニッチでパワフルであるかわからない。
 ・デバイス側の証明書の管理も大変。

・新機能、BeamにAWS IoT連携機能を追加。
 ・Beamにクライアント証明書を持たせる。

・本日の発表。
 ・カスタムDNS機能。
 ・AWS IoT機能。
 ・今後もAWSの進化に負けないよう、どんどん開発していきます。宜しくお願いします。

・2015/12/11、SORACOM User Group Tokyo、開催します!是非参加してください。

資料はこちらです。

さいごに

僕的に特に熱いのはAWS IoT連携機能ですね。これはLT大会の中でデモを見せてもらえるそうなので、しっかりチェックします!