[SORACOM Technology Camp 2018 レポート] 多数の新発表も!Technology Camp 開会宣言 #soracom

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、菊池です。

本日(2018/04/26)、大崎ブライトコアホールで開催されている、IoTプラットフォームのラーニングイベント、SORACOM Technology Camp 2018に参加しています。

この記事は、セッションに先立って行われた、開会宣言の聴講レポートです。わずか10分の間に、多数の新発表もある非常に濃い内容でした。

セッション資料も公開されています。

レポート

開会宣言は、A/Bの2つのトラック会場で同時に行われました。内容は同内容ということで、私が入ったBトラック会場では、ソラコムCTOの安川健太さんが登壇しました。安川さんは最近は主にアメリカで活動されているといことで、生で見られるのはレアなことだそうですw

ソラコムの歩み

  • IoTエンジニアは不足している。
    • クラウドの登場によって、フルスタックエンジニアが登場。
    • IoTではさらに、モノに関するスキルも持った、フルスケールエンジニアが期待される。

  • 2015年に創業、サービス開始
    • 7億円調達
    • 2016年には30億円調達し海外展開

  • 本日時点でお客様の数は10,000に到達!

  • ソラコムのサービス開発サイクル

  • フィードバックをもとに、多くの新サービス、新機能を数多くリリースしてきた。

新サービス/新機能・製品の発表

SORACOM InventoryのPublic Bata開始

SORACOM InventoryエージェントのイベントをBeam/Funnel/Harvestに連携

Inventoryがカスタムモデル定義をサポート

SORACOM Harvestが位置情報データの可視化をサポート

コンソールログインがMFA対応

eSIMのサンプル販売開始

IoT体験キットを販売中

Wio 3G SORACOM Editionを発表

Wio 3Gスターターキット発売

Wio LTE専用ケース発売

ドライコネクトコンバーター値下げ

アイコンセット Ver 1.4

最後に

まとめ

まだまだイベントは始まったばかりです。引き続き、レポートしていきます!