[SORACOM Technology Camp 2018 レポート] 事例で整理!IoTソリューションの開発/導入検討の進め方 #SORACOM

はじめに

こんにちはさかじです。2018年11月22日(木)に大崎ブライトコアホールて開催された「SORACOM Technology Camp 2018」のセッションレポートになります。
この記事はベーシックトラック1番目のセッションです。

SORACOM Technology Camp 2018」とは

2019年に必要なIoTシステム構築・運用の技術を学ぶ1Day! IoTが実践フェーズとなり、様々なシステムにセンサーや通信が取り入れられモノのデータが活用され始めています。 「SORACOM Technology Camp」は、IoT に取り組む技術者・デベロッパーが、デバイス・通信・ソフトウェアなどの専門技術が密に連携するIoTシステムの構築・運用するために、最新技術や設計手法を学ぶラーニングイベントです。

第2回目の開催となる「SORACOM Technology Camp2018 」は、「IoT活用の実践」をテーマに、プロトタイピングや、IoTシステムの運用フェーズに必要な様々な仕組みを、SORACOMのサービスによる解決方法、ユースケースとライブデモを交えて解説します。 2018年7月に発表した新サービス「ダッシューボード作成・共有 SORACOM Lagoon」や、セキュアプロビジョニング「SORACOM Krypton」、「SORACOM LTE-M Button」を用いたプロトタイピングなど新しいセッションもお目見えします。

これからIoT に取り組む、もしくは来年度にむけIoTシステム提案を控えている技術者・デベロッパーの方は、ぜひご参加ください。

開催概要

開催日程 2018年11月22日(木)
開場と開始時間 開場:13:30 開始:19:30
参加費 参加費無料
会場 東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア3F 大崎ブライトコアホール

タイムテーブル

時間 ベーシックトラック アドバンストラック
13:30 - 13:50 開会宣言 株式会社ソラコム 執行役員 プリンシパルソフトウェアエンジニア 片山 暁雄 /yaman 開会宣言 株式会社ソラコム 最高技術責任者 安川 健太 /kenta
13:50 - 14:35 事例で整理!IoTソリューションの開発/導入検討の進め方 株式会社ソラコム ソリューションアーキテクト 今井 雄太 /factory モバイル回線で作るイントラネット 業務システムにもセキュアに連携 株式会社ソラコム プリンシパルエンジニア 松井 基勝 /moto
14:50 - 15:35 そのデバイス、どうしたらIoT化できますか?事例に見るセンサー/デバイスのオンライン化デザインパターン 株式会社ソラコム ソリューションアーキテクト 今井 雄太 /factory 売れば売るほど大変"を防ぐ!「IoT デバイス初期設定の工数削減」手法 株式会社ソラコム テクノロジー・エバンジェリスト 松下 享平 /max
15:50 - 17:00 今日から始めるセンサーデータの可視化 株式会社ソラコム ソリューションアーキテクト 松本 悠輔 /ysk デバイス-クラウドの双方向通信デザインパターンと実践 株式会社ソラコム ソリューションアーキテクト 須田 桂伍 /kei
17:15 - 18:00 SORACOM LTE-M Button の始め方 株式会社ソラコム プリンシパルエンジニア 松井 基勝 /moto スモールスタートの次の一手は?成長できるIoTシステムの実例と回避したいポイント ― IoTシステム開発における試行錯誤の記録 株式会社ソラコム テクノロジー・エバンジェリスト 松下 享平 /max

セッション概要

ソラコムでは、多くのお客様にご協力を頂いて、お客様事例を公開してきています。事例はお客様の悩み事や解決したかった課題、そこに対して具体的にどんな解決手段を用いたのか、どんな体制で解決に望んだのか、どうしてSORACOMを選定したのかといった非常に重要な情報が含まれていて、これからIoTソリューションの開発や導入をされる方にとって多くのヒントをもたらしてくれます。このセッションでは産業やソリューションごとにいくつかの事例をピックアップし、SORACOMのどんなサービスが使われていてどんなメリットをもたらしているのか、どんなデバイスが利用されているのか、どんなパートナーさんが参画されているのかをご紹介していきます。参加されるみなさまには、IoTソリューションの開発や導入の検討にあたって、SORACOMが何をできるのか、自分たちは何を用意しなければいけないのか、始めるならいつどこに声をかければいいのかといったポイントをお持ち帰りいただけることをゴールとします。
株式会社ソラコム ソリューションアーキテクト 今井 雄太 /factory
【ご紹介サービス・機能】
SORACOM Air
SORACOM Beam 
SORACOM Funnel
SORACOM Canal
SORACOM Direct
SORACOM Door
SORACOM Gate 

公開されたスライド

レポート

  • SORACOMではたくさんの事例を公開している
  • 掘り下げた話をしたい
  • IoTは幅広く全てを網羅するのは難しい

  • ゴール

    • 課題を言語化でき解決へのざっくりした道のりを持ち帰ること
  • IoTとは
    • モノやコトをデジタル化(デジタルツイン)
    • クラウド上にクローンを置く
    • 分析、判断、アクション
    • 場合によっては物理世界へアクション
  • 利用の多いカテゴリ
    • 動態管理
    • 遠隔監視・M2M
    • 工場の可視化
    • 農業・漁業・畜産
  • デザイニウム様の事例
    • 除雪車の位置情報管理
    • 既製GPSトラッカーからのデータをプロトコル変換
    • 変換したデータをSORACOMを使って送信
    • 効率の良い除雪
  • 大阪ガス様の事例
    • ガス・電気利用の見える化
    • メータからデータを取得してユーザに使いすぎを告知
    • 利用量をSORACOMを使用して送信
  • 京成電鉄様の事例
    • 踏切遠隔監視
    • 普段はデータは送っていない、カメラの生存情報のみ送信している
    • 音、振動で映像を送信する
  • あらゆる企業がIT/IoT/AIを利用しなければならない時代

  • IoTの難しさは?

    • 適切なデータのモデル化
    • リアルタイムな可視化
    • スケーラブルなストレージ
    • 機械学習・AI
    • デバイス側のプログラミング
    • デバイスのメッセージング
    • バッテリ
    • 耐環境性能
    • 保守性
    • 価格
  • カバーすべき課題の範囲が広いので話し合える仲間、パートナー、ソリューションを見つけることが大切

  • IoTの活用事例

  • 協同ファーム様

    • 各豚舎の水の流量や温度管理はどを実施
    • 元は豚に水を行き渡らせたい
    • すごい水圧で水を回す
    • 広いので水の取り回しで、問題を人が探している
    • 設備の管理の時間に非常に取られていた
    • 課題
      • 高い設備整備コスト
      • 家畜の時間が避けない
    • 課題の解決方法
      • 設備不全の自動検知
    • デジタル化するモノ・コト
      • 給水設備の水圧
    • デジタル化の方法
      • SORACOM Funnel
      • MotionBoard Cloud
      • OpenBlocks
      • その他センサ
    • デジタルデータの活用
      • スマホでデータの確認、問題を発見したら対応
  • オープンハウス様
    • 課題
      • 高い車両の管理コスト
    • 課題の解決方法
      • 無駄な車両を減らす
    • デジタル化するモノ・コト
      • 車両の稼働状況
    • デジタル化の方法
      • Cariot(フレクト様の車両管理サービス)
    • デジタルデータの活用
      • 営業車両の稼働率を分析し、車両の最適化
      • 削減な車両の洗い出し
      • 売れる営業のルートの発見 (副次的に見つかった)
  • トーア紡コーポレーション様
    • 課題
      • 電気代の高騰
    • 課題の解決方法
      • ピーク電力を抑える
      • 時間毎の利用量を抑える
    • デジタル化するモノ・コト
      • ピーク電力
      • 利用電力の積算値
    • デジタル化の方法
      • IOT.Kyoto
      • SORACOM Funnel
      • Openbolocks
    • デジタルデータの活用
      • 工場の電力使用量をオンデマンドで見える化
      • 現場でスマホからデータ確認し利用量を調整
  • AGC様
    • 課題
      • 業務分析の効率
    • 課題の解決方法
      • 数値化の自動化
    • デジタル化するモノ・コト
      • 作業の所用時間
      • 人の対流
    • デジタル化の方法
      • スマホ
      • BLEビーコン
      • スマートウォッチ
      • スマートグラス
    • デジタルデータの活用
      • CSVに出力
      • SORACOM Lagoonも活用して可視化
  • 日本電産様
    • 課題
      • 不良率を下げたい
    • 課題の解決方法
      • 金型温度と不具合品の相関
    • デジタル化するモノ・コト
      • 金型の温度を市販の温度測定カメラを使用して測定
    • デジタル化の方法
      • サームグラフィ
      • SORACOM Air
    • デジタルデータの活用
      • 温度の検出/時系列化
      • GreenForest/OpenCV/R
  • 東急スポーツオアシス
    • 課題
      • タオルの回収の効率化
    • 課題の解決方法
      • 必要な時に回収、交換
    • デジタル化するモノ・コト
      • タオル・リネンの在庫
    • デジタル化の方法
      • はかり・距離センサ
      • SORACOM Funnel
    • デジタルデータの活用
      • 在庫の可視化/通知
      • MotionBoard
    • スポーツジムのタオルの回収をリアルタイムに把握
    • はかり、距離センサを使ってリアルタイムに在庫を把握して関係者に通知して効率管理を実現
  • 岡崎様
    • エビ養殖
    • 課題
      • 遠隔で水温を知りたい
    • 課題の解決方法
      • ブラウザ、スマホで見る
    • デジタル化するモノ・コト
      • 養殖の水槽の水温
    • デジタル化の方法
      • 気温・水温センサ
      • 3GPi
    • デジタルデータの活用
      • データの可視化
      • SORACOM Lagoon
  • コマツ様
    • 課題
      • 熟練オペレータ不足
      • 施工効率向上
    • 課題の解決方法
      • 現場・建機とのリアルタイム連携
    • デジタル化するモノ・コト
      • 現場情報・施工情報
    • デジタル化の方法
      • 建機のICT化
      • SORACOM Door
  • 事例のポイント
    • 課題の解決方法は、技術抜きで検討できる
    • デジタル化の方法と活用は選択肢が豊富
      • 短期間・少額
      • 企業規模問わず
    • 全てのパートを自社だけでやる必要はない
    • 様々な得意分野を持ったパートナーを見つける
  • 課題と解決方法の明確化
    • 課題、解決方法、デジタル化
      • 広い視点で課題を見つける
      • 制限をつけず検討する
      • 仮説を立てる
      • IoTの活用
  • SORACOMは何をしている?
    • IoTはテクノロジーの総合格闘技
    • デジタル化のための共通基盤を提供
      • データ通信
        • 回線を通じてクラウドへセキュアにつなぐ(セルラー,LoRaWAN,Sigfox,有線LAN/Wifi)
        • デジタル化の敷居を下げる料金体系
        • 基本料金 $0.4/月
        • データ通信料金 $0.5/MByte
      • ネットワーク
        • SORACOM Canal(プライベート接続)
        • SORACOM Door(VPN接続)
        • SORACOM Direct(専用線接続)
        • モバイル閉域網でセキュア
      • アプリケーション
        • SORACOM Harvest(デジタルデータ収集・蓄積・データ確認)
        • SORACOM Lagoon(ダッシュボード・共有・アラート)
        • SORACOM Beam(プロトコル変換+暗号化+データ転送)
        • SORACOM Fanal(デバイスからクラウドサービスへ直接転送)
      • スターターキット販売
        • LTE通信モジュール
        • センサ
        • SORACOM Air SIM
      • IoTプロジェクト向け部品・材料を用意
    • 400社を超えるパートナー
  • 全てを自社ではカバーできないので得意な部品、パートナーなど組み合わせて抱えている問題をIoTで解決しましょう

最後に

事例とともにSORACOMの製品を紹介していただきました。AWS同様サービスがたくさんあり、うまく組み合わせることで高速かつ簡単にプロトタイプができる気がしてきました。 今までは自分のわかっているサービスだけで、なんとか解決しようと頑張ることが多かったですが低料金で使いやすいサービスがこんなにあるのでしたら活用しない手はないですね。