[レポート]【Mackerel で ECS をどこまでモニタリングできるのか】 at Mackerel Meetup #11 Tokyo #mackerelio | Developers.IO

[レポート]【Mackerel で ECS をどこまでモニタリングできるのか】 at Mackerel Meetup #11 Tokyo #mackerelio

Mackerel Meetup #11 Tokyo

2018年02月5日(火)に開催されたMackerel Meetup #11 Tokyoに、弊社 渡辺 と参加してきました。

場所は、六本木グランドタワー *1 24F DMM.com 様のセミナースペースとなります。
会場より、東京タワーがとても綺麗に見えて、
あぁ、これが東京か・・・
とひたるより先に「かんぱーい」で和やかにスタートしました。

自分が参加したセッションは4つ+懇親会となります。

  • The 2018 Mackerel Product Roadmap
  • AWSで実現した Mackerel 時系列データ1分粒度長期保存の裏側
  • seesaa meets Mackerel
  • Mackerel で ECS をどこまでモニタリングできるのか

その中から、最後のセッション 株式会社マクアケ 吉田慶章 (@kakakakakku)様による
「Mackerel で ECS をどこまでモニタリングできるのか」
について、個人の感想を交えつつ、レポートさせていただきたいと思いますので、お付き合いよろしくお願いします。
また、セッション終了後の懇親会も参加させていただきましたので、そちらについても少しレポートします。

尚、はてな様より公式のレポート記事が掲載されていますので、ご紹介します。

Mackerel Meetup #11 開催レポート! - Mackerel ブログ #mackerelio

また、他のセッションつきましては、渡辺よりレポートが公開されておりますので、こちらも併せてご確認ください。

[レポート] Mackerel Meetup #11 Tokyo へ行ってきました! #mackerelio

※以下敬称略

「Mackerel で ECS をどこまでモニタリングできるのか」

  • 登壇者 : 吉田慶章 (@kakakakakku)
    • 株式会社マクアケ
  • 概要 : 「Mackerel の活用事例」と「Mackerel で ECS (クラスタ / コンテナインスタンス / タスク) をモニタリングしている事例」をお話します
  • 自己紹介
    • ブログを書くまで寝ない(昨年の記事数は77!)
    • アウトプット芸人(昨年の登壇回数は14回!!!) (さらっと進まれましたが、内容は多岐にわたっています。)
  • 今日伝えたかったこと
    • なぜ「食べる、寝る」は習慣化できるのに「ブログ書く」は習慣化できないのか? (え!そうなの?これだったっけ?でもこれは聞きたい!は、別の機会でとのこと。期待してます。)
  • Mackerel & Makuake
    • Zabbix から Mackerelに移行
    • mackerel-agent v0.49.0 以降、推奨 (Dockerホストモニタリングする場合、v0.49.0未満の場合は、大量にメトリクスを収集してしまう。version要チェック)
  • ECS (Amazon Elastic Container Service)
    • どうやってECSをモニタリングしてますか?
    • まさかのMackerel 2018年のロードマップにコンテナサポートが発表 (前のセッションの内容を即反映して、かぶせていくところは流石でした。)
  • 構成サンプル
  • モニタリングしたくなる箇所
    • ECSクラスタ
    • ECSコンテナインスタンス
    • ECSタスク
  • ECSクラスタ
    • mackerl-plugin-aws-ecs
  • ECSコンテナインスタンス + ECSタスク
    1. mackerel-agent コンテナをコンテナインスタンス毎に起動する
    2. コンテナインスタンスにmackerel-agentをインストールする (実装結果だけでなく、プロセスもオープンにされていて、とてもわかりやすかったです。ぜひスライドを見てください)
  • おまけ
  • まとめ

懇親会

再度「かんぱーい」で、始まりました。お酒の席でのことですのでさらっと

  • Mackerelの開発メンバーが全員!来られていて、本当に顔の見えるシステムなのだと思いました。
  • 開発メンバーの方より、どのように使われていますか?不満はないですか?と逆にプルされてしまいました。
    (弊社での利用方法について知識がなくて申し訳ありませんでした *2

まとめ(Mackerel Meetup全体)

Mackerelについて、概要が学べかつ、今後のロードマップも発表されとても期待しています。またMackerelのファンになりました。
毎週機能リリースはとても大変だと思いますが、スピード感の実績だと思いました。
「お客様の声を聴いて開発していきます」とおっしゃられたことがとても印象的でした。
自分も見習っていきたいと思います。

脚注

  1. 六本木駅で降りて、危うくでっかい蜘蛛につかまりそうになりつつも、 私のように方向さえ間違えなければ、アップダウンのある1直線の道のりで容易にたどり着けました
  2. 弊社内でキャッチアップして要望を出しますのでぜひ機能追加よろしくお願いします