[Emacs] キーバインドを強制するパッケージ 鬼軍曹.el のご紹介

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

鬼軍曹

Emacs のパッケージ 鬼軍曹.el を利用すれば、Emacs の代表的なキーバインドを強制することができます。

実行例

1

この状態で Enter キーを押すと

2

怒られます(改行はされません)

無効になるキー

使えなくなるキーは以下の通りです。

  • カーソルキー
  • Backspace
  • Enter
  • TAB

これらはそれぞれ Emacs のキーバインドを使用して実行しなければなりません。

NG OK
C-f
C-b
C-p
C-n
Backspace C-h
Enter C-m
TAB C-i

Emacs のキーバインドは一見すると滅茶苦茶に思えますが、どれもホームポジションからほとんど指を動かさなくても実行できるというスグレモノです。
またカーソルキーに対応するキーバインドはそれぞれ forward, backward, previous, next の頭文字なので、中々覚えられない場合はこれを思い出してみるといいかもしれません。

インストール

インストールは以下の 2 行を書くだけ。

(require 'drill-instructor)
(setq drill-instructor-global t)

詳しくは こちら をご覧ください。

さいごに

個人的な意見ですが、このパッケージは本当の Emacs 初心者には オススメしません
右も左も分からない方がこのパッケージを導入した場合、まともに操作することができず Emacs が嫌いになってエディタ自体を使わなくなるでしょう。
まずはカーソルキーや Enter キーを使ってもいいので、Emacs の便利さが実感できた頃に改めてキーバインドを覚えるために使用するのがいいと思います。

リンク

ミレニアム・ファルコン製作日記 #91

91 号 表紙

mfd_91_1

パーツ

mfd_91_2

mfd_91_3

mfd_91_4

成果

mfd_91_5

mfd_91_6

今回の作業は以下の 2 つでした。

  • ディフューザー・ストリップを取り付ける
  • マンディブルを取り付ける

エンジン光を拡散させるためのディフューザーを取り付けました。
両面に付いている保護シートを剥がし、船体後部の溝に押し込みました。
また、これまで組み立ててきた左右のマンディブルを船体下部にビスで固定しています。
ゴチャゴチャしてきたリード線はクリップでまとめ、動作テストで投光照明とエンジン光が点灯することも確認できました。

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」本予告

先日公開された 本予告
ものすごい勢いで色々起こりそうな予感。
上映日まであと 2 ヶ月。
わくわく

それではまた次回。

May the Force be with you!