特定バージョンの ImageMagick を Homebrew でインストールする方法 (2016年度版)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

どうしても古いImageMagickをインストールしたい場合ってありますよね?

そういった記事でよく見かけるbrew versionsが使えなくなっていたためメモ程度に残しておきます。

手順

HomebrewのFormulaがあるディレクトリに移動します。

$ cd /usr/local/Library/Formula

Homebrewは標準ではshallow cloneされていてgitの履歴が最新1件のみなので過去のコミットを検索するためにfetchしておきます。

$ git fetch --unshallow

ImageMagickに関連するgit logを確認して、該当のVersionのコミットを探します。

$ git log --oneline imagemagick.rb | grep '6.9.3'

上記で見つけたコミットにチェックアウトします。

$ git checkout 2f0b19d imagemagick.rb

その状態でインストールします(すでに入っている場合はアンインストールが必要)。

$ brew install imagemagick

このままだとbrew upgradeした時に最新に更新されてしまうので固定します。

参考: 【小ネタ】homebrewでインストールされるimagemagickのバージョンを固定する | Developers.IO

$ brew pin imagemagick

リポジトリを元に戻して終了です。

$ git reset HEAD
$ git checkout .