1Passwordアプリ(Mac)をアップデートしたらChrome拡張が使えなくなった

結論:端末再起動で直ります。(追記あり)
2020.04.09

こんにちは、CX事業本部の若槻です。

パスワード管理アプリ(パスワードマネージャー)である「1Password」のMacアプリをアップデートしたらChrome拡張が使えなくなってしまったので対処方法を確認しました。

環境

  • Mac端末:MacBook Pro(Catalina 10.15.4)
  • 1Passwordアプリ:7.4.3(アップデート後)
  • 1Password Google Chrome拡張

1PasswordのGoogle Chrome拡張にはいくつかの種類がありますが、今回事象が発生したのは以下の「1Password 拡張機能 (パソコンのアプリが必要)」となります。

事象

Mac端末にインストールされている1Passwordアプリのアップデートを求められたので、ウィザードに従ってアップデートを実施しました。

アップデートの実施後、1Passwordアプリ自体は利用できるのですが、Chrome拡張の方が利用できなくなってしましました。

具体的には、Chromeブラウザで拡張アイコンをクリックしても以下のようなメニューが開くだけで、保存されているパスワードにアクセス出来なくなってしまいました。 image.png

1PasswordアプリやChromeブラウザを再起動しても事象は解決しませんでした。

解決

Mac端末を再起動したら解決しました。

端末再起動後は、Chromeブラウザで拡張アイコンをクリックするとメニューではなくロック解除ダイアログが表示され、解除したら保存されたパスワードに正常にアクセスできるようになりました。 image.png

おわりに

切り分けのために端末の再起動をするのは分かっていてもなかなか出来ない節がありました(立ち上げているアプリを全て落とすのは憚られる)が、やはり大事ですね。

2020/4/10 追記

端末を再起動した後に以下のような事象が発生するようになりました。

Google Chromeで1Passwoedのchrome拡張のアイコンが下記のような少し浮いた?表示となり、 image.png

これをクリックするとページの再読み込みを求められるようになりました。[再読み込み]をクリックすると、 image.png

アイコンの表示は元に戻り、再度アイコンをクリックすると正常にパスワードにアクセスできるようになります。 image.png

しかし少し経つ(chromeで別ページを開く)とまた再読み込みが必要となってしまいます。

いちいち再読み込みをするのは手間なので恒久対処を探ったところ、1Passwoedのchrome拡張を再インストールしたら事象は発生しなくなりました。これでしばらく使ってみようと思います。

以上