[小ネタ] VSCodeをバージョンアップしたらターミナルのタブの表示が変わったので戻す設定をした

VSCodeがバージョンアップして、以前の設定が効かなくなってました。調べてみると別の設定としてパワーアップしてたのでその備忘録です。
2021.10.08

TL;DR

  • 1.57 から terminal.integrated.titleMode という設定が増えた
  • 1.61 になったら無くなった
  • 代わりに terminal.integrated.tabs.title という設定が出来たのでこちらで設定しよう

terminal.integrated.titleMode が無い

Visual Studio Codeの最新版 1.61 (September 2021) が登場しました。

それは喜ばしいのですが、バージョンアップしたら Terminal のタブの表示が変わっていました。

これまでは terminal.integrated.titleModesequence と設定しており、シェルのエスケープシーケンスから設定された文字列( <ユーザ名>@<ホスト名>[<tty>] )を表示していました。

こちらの設定は今年の 6 月のリリースで追加されたモノです。

これを有効にしていたのに、いま見たらタブの表示が zsh みたいなプロセス名のみに。
あれ? と思って調べてみたら、なんと terminal.integrated.titleMode という設定項目そのものが無くなってました。

リリースノートをよく読んでみると、新しい機能強化版の設定ができていました。これに内包される形で旧設定がなくなったようです。

いくつかの変数をつかって表示内容をカスタマイズできるとのこと。

${sequence} - The name provided to xterm.js by the process.

以前の設定と同じ内容にしたければ、この ${sequence} を使えばよさそうです。
それ単体を指定してもいいし、${process}${separator}${sequence} みたいな感じで指定するのもいいですね。

まとめ

terminal.integrated.titleModeが無くなったと思ったらterminal.integrated.tabs.titleに生まれ変わっていた、というお話でした。