[速報] AWS MarketplaceでEKS Anywhere・オンプレ用コンテナイメージが販売されるようになりました! #reinvent

2021.11.30

AWS Marketplaceにて、AWSの外で動作させる用のコンテナイメージの販売が開始されました!

現地時間 11/29 に行われたGlobal Partner Summitキーノートでも公表されました。

概要

AWS Marketplace(通称マケプレ)ではAWS環境で利用できるサードパーティ製品の販売が行われていて、有料のプロダクトであったとしてもAWS利用費と合算して請求される形で使いやすく提供されていました。いわばスマホのアプリストアのイメージです。
「AWS上のもの」で請求を一本化できるため、便利に使っている方も多いのではないでしょうか。あるいはCentOSなどの無償ライセンスの関係で、そんなに意識せずに使われている方もいるかも知れません。

ある意味当然なのですが、「AWS上で利用する」という性質もあって、これまで提供形態は以下とされていました。

  • AMI
  • Software-as-a-Service (SaaS)
  • ECS/EKS向けのコンテナイメージ

ところが最近(?)、EKSでありながらAWS「外」で実行されるサービスが出てきました。

今回のアップデート「AWS Marketplace for Containers Anywhere」で、それらAnywhere系のKubernetes (k8s)基盤で動かすコンテナイメージもマケプレから購入することが出来るようになりました!
そしてそれだけでなく、AWSとは関係無いオンプレミスのk8s環境上で利用することも可能なコンテナも販売可能になってます。

みてみた

ちょっとMarketplaceのコンソール上で確認してみました。
Delivery methodsが Container の製品を適当にみてみると、例えばこちらの製品では Supported services が ECS/EKS のみとなってました。

一方、今回のアナウンスで「Launch Partners」としてリストされている製品をみてみると、例えば D2iQ 社の製品はこのようになってました。

「Amazon EKS Anywhere」「Self-managed Kubernetes」でもサポートされてると表示されてますね! 今後はAWSに特化しないものは、このような形での提供が増えていくかもしれません。

今回の Launch Partners は以下の10社・製品とのことです:

ちなみに

EKS Anywhereと同じく、ECSをAWS外で動かす「ECS Anywhere」というのもあるのですが、今回は未対応の模様です。
今後対応されるかどうかは要注目ですね!