第4世代 Echo Dotの超音波を利用した在室感知アクションを試してみた

Amazon Alexa のアップデートでサポートされた在室感知定型アクション、第4世代 Echo Dotの超音波モーション検知が人感センサーとして利用できるか試してみました。
2022.01.12

AWSチームのすずき(亮)です。

2022年1月12日に発表されたAmazon Alexa のアップデートでサポートされた在室感知定型アクションを試す機会がありましたので、紹介させていただきます。

Echo Dot

2020年11月に発売された 第4世代の Echo Dot を利用しました。

設定

アレクサのモバイルアプリ(iOS版バージョン1.1.454039.0)を利用、在室感知を利用した定形アクションを作成しました。

定形アクション

実行条件を設定

スマートホーム

在室感知定型アクションをサポートする 第4世代の Echo Dot を指定しました。

在室感知

「人が検知された時」「人がいないと判断された時」を、定形アクションの実行条件として指定できるようになりました。

アクション

「人が検知された時」に、スマート電球の「Hue」 の電源をオンとする設定を行いました。

動作確認

Echo Dot に2m 程度まで近づいた所で 定形アクションが発動し、スマート電球の電源をオンにすることができました。

まとめ

第4世代 の Echo Dot の 超音波を利用したモーション検知機能、人感センサーとして利用できることが確認できました。

在室感知で「人がいないと判断された時」の挙動や、EchoShow端末のカメラを利用した コンピュータビジョンを使用した在室感知、 Echo Flex と 赤外線モーションセンサーの組み合わせとの精度比較などについても、機会があれば報告させて頂きたいと思います。

  • Echo Flex と 赤外線モーションセンサー