[レポート] Alexaを組み合わせた新たな体験の開発とデザイン – St.Noire開発について-Alexa スキル Learning Day #Alexadevs

2019.12.13

せーのでございます。

12/13(金)に東京は目黒、Amazon東京オフィスにて行われましたAlexaスキルの最新情報や機能を紹介するイベント「Alexa スキル Learning Day」が行われました。

海外スキルDeveloperやAmazon本社のプロダクトマネージャーなど様々なスピーカーのセッションがあり、今回はその中から「Alexaを組み合わせた新たな体験の開発とデザイン - St.Noire開発について」の模様をレポートいたします。

スピーカー

VIRSIX GAMES 共同創業者 プレジデント:

ゼイ・オルティス氏

アートディレクター:佐藤 久太氏

Alexaとボードゲームという新たな組み合わせの開発について、そしてデザインの工夫についてお話いただきます。

レポート

  • 映画業界に20年以上いた
  • MI, Tron, Ironmanなどに関わってきた
  • 品質が非常に重要、ということを学んだ
  • 物語を伝えるのが自分の仕事
  • Alexaにシネマ的なアプローチをもたらす
  • Virsix Gamesとは
  • エンターテイメントの未来を作る会社
  • 映画的なアプローチ
  • 5年後、10年後のゲームの未来を作る
  • ユニークで今までにないゲームを作る
  • 音声, VR, AR, ソーシャルメディアを駆使する
  • テクノロジーをGamifyする

  • ST.NOIRE
  • インタラクティブなボードゲーム
  • ボードゲームとAlexaを組み合わせたもの
  • ST.NOIREという田舎町で殺人事件が起きた、犯人を見つける
  • Alexaのスピーカーからは声優の声を流す
  • 12人の容疑者。ただし全員が正直とは限らない
  • ボードはマップのような地図になっている
  • 容疑者のカード、武器のカードがある
  • プレイヤー vs Alexa
  • この中のひとりに「あなたは事件の夜どこにいましたか?」と聞くと答えてくれる。でも嘘かもしれない
  • ハリウッドレベルのボイスアクティング、サウンドデザイン
  • これまで作られたことのないようなボードゲームを作りたい
  • 主に映画業界から素晴らしい才能を集めた
  • 脚本家に長編映画8本分の脚本を書いてもらう
  • 声優全員で読み合わせをする ->感情、動きを伴った形で読み合わせをする
  • 映画を見ているような雰囲気を再現できる
  • サウンド収録後、フローチャートを協議した
  • 最初は非常に複雑な1時間のゲームだった。シンプルにしたかった。
  • 最大30分最低10分という制約を掛けた
  • ゲームの説明は半分映画、半分論理ゲームのようにしたかった
  • チームはビジョンに向かって学びながら進んでいった
  • ゲームプレイの結果は満足できるものでなくてはいけない => 世界観を納得してほしかった

  • ST.NOIREのムードボード
  • 初期の段階でビジュアルが先に来た
  • それが全員にイメージの共有ができた
  • Trailerがゲームの初期にできていた
  • ブランディングのコントロール
  • SNSやWebページ、グッズ展開
  • ボイスのゲームだがビジュアルが大きな要素を得ている
  • チャレンジ
  • 予算、リソース、スケジュールの制約
  • お客様に対してうちで遊んでもらえるようにする
  • プロダクト(製品)とスキル
  • スキルがメイン、製品は補助
  • 限られたリソースで求めるものをどう実現していくか
  • プロデューサー、脚本家、プログラマーなど適切な能力を持った人を集めることが重要
  • 12人の会社。2人のエンジニア
  • サウンドステージ、マイク、マーケ素材などは外注した
  • 製品などは全て内製
  • VUIの可能性
  • スマートスピーカーだけでなくFireTVなどいろんなデバイスがある
  • Gamificationを色々なリアルデバイスが手伝ってくれる。
  • 子供用の学習ゲームなどでは音声で色々な可能性を実現できることは重要
  • 自分の持っている限界を超えて考えてほしい
  • 玩具であったり、ヘルスケアだったり、医療、食料。身の回りにあるチャンスを逃さないように
  • 色々な市場が見えてくる。それは私達の足元にある。

まとめ

ボードゲーム + Alexa、という新たなゲームの可能性を非常に高いクオリティで実現していると感じました。映画的なアプローチをしていたんですね。
VIRSIX GAMESのお二人も後ほどインタビューしてみたいと思います。お楽しみに!