Alexaの音声ショッピングをアプリから無効にしてみた[Amazon Echo]

2017.11.20

こんにちは、臼田です。

みなさん、Alexaしてますか?

Amazon Echoが日本に上陸し、弊社でも早速私用で購入してブログを書いている人が出てきました。

我が家にAmazon Echoが来たので早速使ってみた #alexa

音声アシスタントのAlexaにいろんなことをお願いできて便利ですが、逆にできすぎて気をつけないといけないこともあります。それが音声ショッピングです。

音声ショッピングとは

Alexaに「Kindle Fire TVが欲しい」というと購入できます。自動的にAmazonで注文してくれます。非常に便利ですね。

こちらの機能の利用には、「1-Click支払い」の設定が必要なようです。

さて、非常に便利な機能ですが、同時に手軽に誰でも音声で注文できてしまうことは、好ましくない場合もあります。

この音声ショッピングの機能はAlexaアプリから設定が可能です。

音声ショッピングの設定

Alexaアプリの左上「≡」から「設定」へ移動します。

スクロールし「音声ショッピング」を選択します。

「音声による商品の注文」という項目があります。私の場合はデフォルトではオンになっていて、「確認コードを有効にする」は何も入力されておらず無効になっています。

音声ショッピングを無効にする

こちらをオフにすることにより機能を無効化することが可能です。

無効にした状態での注文

「音声による商品の注文」を無効にしているときに注文しようとすると、カートに入れる動作となり、無効になっていることが確認できました。

音声ショッピングに確認コードを利用する

音声ショッピングは便利な機能なので、安全のために確認コードを利用して利便性と安全性を保つことが可能です。その場合、設定画面から確認コードとして4桁の数字を登録して「変更を保存」を押します。

なお、2017/11/20現在のアプリバージョンでは「変更を保存」を押してもレスポンスが無いため、念のため前の画面に戻ってから設定画面を再度開き、確認コードの設定の反映を確認することをオススメします。

確認コードを有効にした際の注文

この状態で注文すると、確認コードを聞かれます。「いちにーさんし」と言うと認識してくれました。

おまけ: 管理画面からの設定変更

今回はアプリから操作しましたが、同様の設定はAlexaの管理画面からも変更が可能なようです。

Amazon Echo (Alexa)の設定方法&管理画面をおさらいする #reinvent

おまけ2: 万が一注文が通った場合の対処

もし第三者が、利用者の意図しない注文を通してしまったとしても、Amazonからはメール等(私の場合LINEを連携しているのでLINEでプッシュ通知が有ります)で連絡され、しばらくの間はキャンセルが可能です。

そのため、あえてこれらの対策を行わなくても安全に利用できるとも考えることができます。

おわりに

音声ショッピングは便利な機能ですが、それぞれのライフスタイルに合わせた設定が必要だと思います。

またこれを気に、Alexaアプリのメニューをいろいろ見回してみると、新しい発見があるかもしれません。

それでは、良いAlexaライフを!