Alteryx Inspire直前!Alteryx 2021.2がリリースされました!アップデートまとめ

2021.05.18

こんにちは。データアナリティクス事業本部ソリューション部プリセールススペシャリストの兼本です。

Alteryx社の年次イベント「Alteryx Inspire 2021」開催直前となる現地時間2021年5月17日にAlteryx 2021.2がリリースされました。

各製品のリリースノートはこちら:

本リリースに含まれる主要な新機能は以下の通りです。

Alteryx Designer

新しいIntelligence Suiteツール

Alteryx Intelligence SuiteにComputer Visionツールが追加されました。これらのツールにより、画像の入力、処理、分析および出力が可能となります。

Alteryx Intelligence Suiteの独立したインストーラー

Intelligence SuiteはDesignerとは別にインストールされるようになりました。これにより、Designerのインストール時間が短縮され、ユーザーはIntelligence Suiteを素早くインストールすることができます。

Rのアップグレード

Alteryx製品に含まれるRのバージョンを3.6.3から4.0.4にアップグレードしました。R4.0ではメモリ管理が改善され、より多くのデータを扱うことができるようになりました。

Alteryx Designerトライアル版に関する更新

Alteryx DesignerのトライアルからAlteryx Intelligence Suiteのトライアルを独立してアクティベートできるようになりました。ベースとなるDesignerライセンスを既に持っている顧客でも、Alteryx Intelligence Suiteの試用ができます。

結果ウィンドウでのデータクレンジング操作

Designerの結果ウィンドウで直接データクレンジングアクションを実行し、事前に設定されたデータクレンジングツールを介してこれらのアクションをワークフローに適用できるようになりました。また、結果ウィンドウのユーザインターフェイスが更新され、データクレンジング、フィルタ、およびソートのオプションが整理されました。

マクロへの変換

既存のワークフロー(またはワークフローの一部)をマクロに変換することができるようになりました。少なくとも1つのツールを選択して右クリックし、ドロップダウンメニューから [マクロに変換] を選択します。

グローバルUID

ワークフロー(.yxmd、.yxmc、.yxwzファイル)は、XMLでユニークなIDを追跡するようになりました。これには元のワークフローIDと前のワークフローIDが含まれます。例えば、以下のようになります。

<WorkflowId value="f8e90084-fca0-4c5d-9c0e-5fe614d78df1" />
<Telemetry>
<PreviousWorkflowId value="" />
<OriginWorkflowId value="f8e90084-fca0-4c5d-9c0e-5fe614d78df1" />
</Telemetry>

ワークフローごとのPredictive用コードページの指定

ワークフロー構成にPredictive用コードページの設定を追加し、Predictive用コードページの情報がワークフロー内に保存されるようにしました。これにより、ワークフローを実行する環境に依存して、意図せず異なるPredictive用コードページを使用することがなくなります。

漢字の音韻ソートサポート

ソートツール、IRGのソート挙動、セレクトツール、またはセレクトツールやタイルツールが組み込まれたツールなど、Designerのさまざまなツールで利用できるソート方法が増えました。これらのソート方法には、サポートされているすべての言語のピンイン、五十音、および辞書順が含まれます。

予測変換マクロの埋め込みフォントの更新

Predictiveツールのマクロに埋め込まれてハードコードされたフォントを更新しました。その結果、お客様はPDFレポートの結果が文字化けしないようになりました。使用されるフォントは、ユーザが選択した言語テキストをサポートします。

トピックモデリングツールの拡張

トピックモデリングツールに[M]出力アンカーが追加されました。これにより、ユーザはモデルを保存し、後で新しいデータの予測に使用することができます。

Google BigQuery 出力ツールの更新

Google BigQuery 出力ツールが更新され、BigQueryへのレコードのストリーミングではなく、バルクファイルの書き込みを利用するようになりました。このツールは、ローカルマシンからJSONファイルをBigQueryにロードするようになりました。

Salesforce 入力ツールのメンテナンス

Salesforce 入力ツールの不具合を修正しました。このツールについては、ギャラリーに掲載されているリリースノートをご参照ください。

SafeMode エラーメッセージのテキストを Restricted に更新

セーフモードまたはセミセーフモードが設定されているときに、制限されたツールを含むワークフロー(Server、Gallery)を実行しようとすると、ユーザには以下のようなエラーメッセージが返されるようになりました。

「Restricted Environment Error: 現在の実行モード設定に基づき、Rツールは禁止されています。

デッドロック防止策

ワークフロー内に特定のツール(Join、Join Multiple、Summarize、Tile、FuzzyMatch)が複数含まれている場合、メモリの制限が小さすぎると、エンジンがメモリデッドロックに陥る問題を解決しました。

One Tool Example のアップデート

いくつかのワークフローを One Tool Example に変換しました。これらは、[ヘルプ] > [ワークフローのサンプル] > [1つのツールを同時に学ぶ] > [予測]で見つけることができます。以前は、[ヘルプ] > [ワークフローのサンプル] > [予測のサンプル]にありました。

Alteryx Server

カスタムグループによるデータコネクションの共有

Serverの管理者用データコネクション機能に新しいUIが追加され、コネクションをカスタムグループと共有できるようになりました。ユーザは、直接またはグループ経由で共有されたコネクションを使用してワークフローを実行できます。

Allowed Hostsリストの指定

Serverが提供するサービスを許可するホストのリストを指定できる機能が追加されました。これは、HTTPホストヘッダ攻撃を防ぐためのセキュリティ対策として使用します。

APIアクセスユーザ権限の一括追加

APIアクセスを許可するのユーザ権限を一括して設定できるようになりました。

ロールによるユーザリストのフィルタリング

Galleryの管理者がユーザとグループのリストをユーザの役割によってフィルタリングできる機能が追加されました。

すべての認証タイプでのアクティブユーザ設定

アクティブユーザの設定は、すべての統合されたWindows認証環境で利用できるようになりました。これにより、管理者はServer環境がどの認証方法を使用しているかに関わらず、ユーザを無効にすることができます。

APIの改善

Server APIの改善を行い、APIを介したワークフローのバージョン管理機能とバージョンコメントの公開および取得機能を追加しました。これは、Alteryxのバージョン管理システムを確立する顧客の取り組みを支援するものです。

Alteryx Connect

ヘルスチェックを使用したデフォルトフォルダのプレゼンス検証

[管理メニュー] > [メンテナンス] に [ヘルスチェック] セクションが拡張され、データベースの整合性をチェックするためのオプションが追加されました。また、必要な統合コードがすべて存在しているかどうか、すべてのデフォルトフォルダ(分析ワークフロー、レポート、データ ソース、用語集、People、および仮想フォルダ)が存在しているかどうかも確認されます。これらのフォルダを削除した場合は、[問題の修正]を選択してフォルダを再作成します。

セッションIDの盗用をチェックするためのスイッチ

セッションIDの使用をチェックするための新しいスイッチが追加されました。セッションIDが1つのIPアドレスまたはブラウザにのみ使用されるようにするには、[管理メニュー] > [セキュリティ] の[IPアドレス]を有効にします。

すでに読み込まれているコンテンツのバージョン作成を防ぐ

すでに読み込まれているコンテンツに対して新しいバージョンを作成するかどうかを判断できるようになりました。すでに読み込まれているコンテンツに不要なバージョンを作成しないようにして、同時にパフォーマンスを向上させるには、[管理メニュー] > [パフォーマンス] の [読み込まれたコンテンツにバージョンを作成しない] を有効にします。これにより、新規および変更されたコンテンツのみが読み込まれます。

その他の機能強化

  • Connectで使用されるTomcatのバージョンが9.0.43に更新されました。
  • 管理者として、[管理メニュー] > [設定] > [シングルサインオン]で新しいActive Directoryオプションを作成するときに、ピッカーを使用して[デフォルトの内部グループ]を選択できるようになりました。
  • Alteryx Gallery Loaderのパフォーマンス改善
  • Microsoft認証が強化され、Microsoftによる認証エンドポイントの変更が反映されました。これは、Power BI、Azure Data Catalog、Azure Data Lake Store Gen1、Azure Data Lake Store Gen2用のローダーに適用されます。

Alteryx Promote

  • 2021.2のPromoteに新機能のリリースはありませんでした。

まとめ

Alteryx社のバージョンライフサイクルポリシーでは、バージョン2019.3.6が2021年6月16日にEOLを迎える予定です。この機会に最新バージョンへのアップグレードをご検討ください。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。