Alteryx 2021.1新機能:SAML連携したAlteryx ConnectでログインページをSAML IdPに自動リダイレクトできるようになりました

2021.03.02

こんにちは、データアナリティクス事業本部・新納(にいの)です。花粉爆発の候、いかがお過ごしでしょうか。

花粉の訪れとともに、現地時間2021年2月10日にAlteryx 2021.1がリリースされました。(2021年2月25日には安定版のマイナーアップグレードも公開されました)

本エントリでは、Alteryx Connectの新機能である「SAML連携時にユーザーログインページをIdPへ自動的にリダイレクトする」機能をご紹介します。

これまでのバージョンでは

Alteryx ConnectはSAML認証に対応しているため、お好みのIDaaS(ID as a Service)製品を使ってシングルサインオンでログインさせるように設定可能です。実際の設定方法は以下エントリをご参照ください。

ログインページにアクセスするとどの認証方法でログインするか選択できる画面が表示されます。最新版2021.1では、この標準のログインページから自動的にIdPのログインページへリダイレクトする設定が可能となりました。

実際に設定してみる

管理者権限を持つユーザーでログインし、Administratorコンソールへ移動します。Admin MenuSettingsSingle Sign-Onメニューから設定済みのSAML認証を鉛筆マークから編集します。

Automatically redirect to IDP when logging in」にチェックを入れてSAVEを押します。なお、この設定が可能なのは一つのSAML設定のみです。

設定直後にSAML認証が自動で無効化されます。AdministratorコンソールでActive欄の×マークをクリックして有効化しておきましょう。

設定完了後、以下のようにユーザーページからIdPのログインページへ自動的にリダイレクトされるようになりました。ログアウトすると通常のユーザーページにアクセス可能です。

最後に

小ネタではありますが、ユーザーに必ずシングルサインオンでログインさせたいケースに便利な機能のご紹介でした。

参考情報