【速報】Alteryx Designerの日本語(ベータ版)が登場しました!

こんにちは、小澤です。

なんと、Alteryx Designerの日本語版が出ました。 現在はまだベータ版ということですが、どのような状態になっているのか見てみましょう。

インストール時に選べる言語設定

インストール時の言語設定に「Japanese(Beta)」という項目があります。 これを選択してインストールを進めればよさそうです。

以降は今まで通りの手順でインストールを進めればOKです。

Alteryx Designerを開いてみる

さて、インストール時の言語設定で「Japanese」を選択したAlteryx Designerを早速開いてみましょう。

メニューや各種ツール名が日本語になっているのが確認できます。

ツールの設定も日本語化されているようです。 例えば、データ入力ツール(Input Dataツール)の場合、以下のようになっています。

ローカライゼーションの設定

オプション > ユーザ設定 > ユーザ設定の編集 で表示されるウインドウの一番右側に「ローカライゼーション」というタブがあります。 こちらでファイル入力の際の文字コードのデフォルト値や、デフォルトの単位なども指定できるようになっているようです。

日本語ヘルプページ

ローカライゼーションの設定でヘルプの言語を「日本語」にすると、ヘルプページも日本語で見ることができます。

ベータ版ということで、メニューはまだ英語だったりしますが、 これで各ツールの使い方などがかなり調べやすくなりました。

フィードバック

Alteryx Designerの日本語版は、現在まだベータ版ということでフィードバックも受け付けているようです。

テスト期間は3/30までとのことなので、ぜひそれまでに使って気になる点はフィードバックを送ってあげてください。

追記:ツイッターでの言及

日本語版の登場に合わせた、Alteryx社のSenior Vice President, Business DevelopmentであるSteve Walden氏によるツイッターでの言及です。 この中で、弊社へのリプライもいただきました!

同じものをなんと、日本語でもツイートされています!

おわりに

今回は、速報ということで、Alteryx Designerの日本語ベータ版の紹介をさせていただきました。

この新機能は、Alteryxの新バージョンである2018.1に含まれるものになっています。 新バージョンにはほかにも様々な機能がありますので、今後はそれらも紹介していければと思います。