【新機能】Amazon Lightsailでリソースのタグ付が出来るようになりました #reinvent

はじめに

AWS re:Invent 2018開催期間中にリリースされた地味なアップデートも拾っていくぞのコーナー!

Amazon LightsailといえばEC2に移行可能になったことが大きな話題になりましたが、地味なアップデートとして、Lightsailで使われる様々なリソースに対してタグ付けが出来るようになりました。

タグ付け可能なりソースは以下の通りです。Lightsailコンソールからタグ付け出来るのは以下のリソースです。スナップショットはソースとなったリソースに付与されたタグを引き継ぎます。

  • インスタンス
  • ディスク
  • データベース
  • DNSゾーン
  • ロードバランサー

CLI等のAPIを使った操作では以下のリソースにタグ付けが出来ます。

  • キーペア
  • インスタンス
  • インスタンスのスナップショット
  • ディスク
  • ディスクのスナップショット
  • データベース
  • データベースのスナップショット
  • DNSゾーン
  • ロードバランサー
  • ロードバランサーのTLS証明書

やってみた

Lightwsail管理コンソールから[インスタンスの作成]ボタンをクリックします。

その先のインスタンスの作成手順はいつもどおりなのですが、[インスタンスの識別]欄にタグ付けオプションが追加されています。

こんな感じで、キーのみのタグと、キー/バリューのタグを設定することが出来ます。

作成した後は、Lightsail管理コンソールの検索欄から、タグで検索することが出来ます。

さいごに

タグを利用することで、請求を分割したり、IAMポリシーによる制御を簡素化することが出来ます。大量のLightsailインスタンスを有する環境ではとても役立つアップデートだと思います。