[速報] AWS Marketplace経由でプロフェッショナルサービスを購入できる「Professional Services in AWS Marketplace」発表 #reinvent

2020.12.04

こんにちは、コカコーラ大好きカジです。

はじめに

re:Invent 2020 Partner Keynoteで、「Professional Services in AWS Marketplace」が発表されました。

Professional Services in AWS Marketplace

ソフトウェアの購入にAWS Marketplaceを使用し、別途プロフェッショナルサービスやサポート契約に別のプロセスを使用していました。 別途購入していたことで、顧客のプロジェクトのスケジュールに影響を与え、導入に対する複雑になっていました。 「Professional Services in AWS Marketplace」によって、プロフェッショナルサービスやサポートを一緒に購入でき、AWS Marketplaceで統合されて請求されます。

購入

AWS Marketplaceを使用して、複数の信頼できる販売者からプロフェッショナルサービスを見つけ、ソフトウェアとサービスからの請求書と支払いをまとめて管理し、調達時間を短縮可能できます。

日本法人からのプロフェッショナルサービスやサポートが受けられるかは各会社によって異なると思いますので事前に確認が必要と推測しています。

AWS Marketplaceの検索ツールを使用して、特定のソフトウェアに関連付けられたプロフェッショナルサービスを探せます。

参考例として、トレンドマイクロ様のプレミアムサポートサービスを検索してみました。他にもいろいろな分野の会社のサービスがありました。

契約のすべての具体的な詳細について同意すると、オファーを送信するようです。 以下の次の画面でオファーの詳細が表示され、価格設定、支払いスケジュール、および契約条件を確認して、契約を作成できるようですが購入予定もないため、未確認となります。

販売

AWS Marketplace経由で、新たな顧客を開拓することができ個々の製品やソフトウェア製品と一緒に専門的なサービスの提供一覧表示し販売できます。

リストされている各サービスに対する顧客リクエストを受け取り、サービス契約の詳細について合意後に、プライベートオファーを送信するようです。 AWS Marketplaceは、購入者からの費用を集めて、販売者へレポートも提供されるようです。

さいごに

個人的な感想ですが、AWS MarketplaceでAWS WAFのManaged Ruleや、AMIイメージによるソフトウェアの販売を行っている会社様には大きなインパクトがあると推測しています。 また、弊社で提供しているサービスは弊社メンバーズへの加入が必要ですが、将来的にMarketplaceから購入できるようになるのも夢じゃない気がしました。

参考元

AWS Marketplace Now Offers Professional Services | AWS News Blog